なんでバイク乗りにアメリカまでいくか?日本のレースでも勝てないのに行く必要があるか。
旅費もかかるし、仕事も休めない。
いろいろとネガティブな考え方がおありでしょうし、またそれが現実だと思います。
では別の角度からみたとき、自分の周辺にあれだけのフィールドはあるのか、
何十年も練習してきてライディングテクニックが上達しないのはどういうことか、
あと残された健康寿命はどのくらいか。このまま時間が過ぎていくだけの人生でよいか
少し前向きな生き方をしたくはないか。
いろいろな葛藤があって、疑問を払拭するためには主流の場所をみておくべき、という結論に至りました。

そうはいってもトップカテゴリーのAMAナショナルとかじゃなく、諦めてないオッサンMXライダーの祭典
ワールド・ヴェテランズ・モトクロスです。自分の年齢層としては主流のイベントということです。

20191104_101627 (800x600) (800x600) (3).jpg
単なる旅行者と違って
レース終わったらすぐ帰国というわけにいきません。

伊田さんは借りているストレージにマシンを置きにいく前に整備したり、日本へ持って帰る部品を外したりして翌日の朝を過ごします。








20191104_101537 (800x600).jpg

こちらも同じコイン洗車場の駐車スペースですが、チャンドラーさんも整備しておられます。

昨日のことやら、この後の予定を話し合っているのでしょうか、なにやら楽し気です。
世界のオッサンたちと戦って無事にレースを終えた安堵感というか、和みのひと時です。




レンタルバイク組はこのような後片付けが不要になります。お気楽ですのー


20191104_122302 (800x600) (800x600).jpg

翌日のフライトにむけてロサンゼルスに近い場所まで移動してきました。

時間調整のためマルコム・スミスでウインドウショッピングです。

ここは最高の店です。
オンロードもオフロードもRVも大量在庫で用品もパーツも何でもあります。

次回は空っぽのキャリーバックで来て
装備はここで全部揃えて、レース走って、
日本へ持って帰るのがいいと思います。



20191104_135809 (800x600).jpg

ヤマハYXZに乗ってポーズを決める田淵繊手。

RVはポラリスやカンナム、カワサキなど各メーカー揃っていてクルマ選びにここ一か所で足りるところがいいです。(買えないけど)

これはデザート・ランをするための車両だと思いますが、普段履きにしてしまうのがカリフォルニア流なのではないでしょうか。





20191104_125534 (800x600).jpg

店の二階にミュージアムがあって、マルコム・スミスに関わったヴィンテージバイクや
レーサーまで多数展示されていました。













20191104_183939 (800x600).jpg

最終日、ロングビーチのレストランで
語らう。
ワークスライダーに囲まれて、小さくなるばかりの俺からの目線はこんな感じです。

いやあ、お疲れさんでした。
ワールドVETの会場はどんな雰囲気かいな、全編収録は不可能なので断片的に撮ってきました。
先ず土曜朝の風景から、オンタリオのホテルを朝5時半に出発。
レンタルバイク屋さんが7時前に着くのでそれに合わせて、コンビニで朝食、飲み物など買って現地入りです。


夜明けのグレンヘレン・レースウェイ。
レンタルバイクはKTMとハスクの450ニューモデルで、WPのサスもライダーのクラスに合わせて
セットアップ済みされた車両を用意されます。
さすがモトクロス・アクション誌のテストライダー10年務めた、SUTAPO氏のお店です。
乗り手側に立ったサービスが売りのようです。
前後タイヤ新品(ダンロップ)とガソリン入れてもらってマシン整備つき、しかも着替え&休憩用のトレーラーまで用意されて、一日$300だそうです。最高ですね



今回サポート役であまり働いてないのでビデオ撮影してみましたが、会場が広く広範囲に撮るのは不可能。日差しが強くファインダーが反射して全く被写体を追えないという状況で、度々フレームアウトして見苦しい動画ですが、雰囲気だけ味わってもらえたらな、と思います。
土曜日の60オーバーEXTのヒート1です。日本人3名、伊田選手、源治選手、チャンドラー選手。
アメリカのオッサンは速い!しかし日本人も負けてないという走りっぷりです。




土曜日の40+PRO スタート風景、#2カート・ニコル #111マタセビッチ #59タイ・デイビス
そのあと、50+EXPに出走の#84田淵選手ですー(鎖骨折れているのに痛くないのかな)

日本人ライダー土日の総合結果は

SAT 50+EXP 田淵takeshi 4th 5_4
   60+EXP 伊田isao 12th 3_DNF 電源喪失によるエンジンストップしたヒート2
        源治atsushi 4th 7_3
        チャンドラー佐藤 7th 10_7
SUN 50+EXP 田淵takeshi 4th 4_7
   60+EXP 伊田isao 4th 4_4
        源治atsushi 20_6 多重クラッシュに巻き込まれたヒート1
        チャンドラー佐藤 16th 18_14

地元優位のコースで立派な戦績だったと思います。
1週間国外逃亡してきました。ロサンゼルスからレンタカー(ホンダ・アコード)でグレンヘレン・レースウェイに近いオンタリオのホテルまで移動しました。

20191030_134606 (480x640).jpg

成田から便乗させていただいた、国際A級ライダーの二人、源治さんと田淵さん。

目的は11月3日、4日開催のワールドVET出場です。

源治さん2回目、田淵さん初出場。

先輩の伊田さんは13回目ということです。

僕は27年ぶりの渡米、全くわからない土地勘なので初めてと同じことです。
ちょっと、今までのモトクロス活動を見直す意味で再チャレンジです。













20191030_173719 (800x600).jpg

初日はチャパラルで買い物

レンタルバイクで練習するつもりで
キャリーバック一杯の装備だったので
あまり爆買いはできません。

びっくりするほどの新車、用品の数です。
この国には大きな市場が広がっていること
実感しました。






20191103_082914 (800x600).jpg


木曜日は砂嵐でグレンヘレンはクローズ。

金曜日の公式練習から始まりました。
#891源治車と#84田淵車は
レンタルバイクで
KTMとハスクバーナの450。
ニューモデルに新品タイヤとメカニック、ガソリン給油のサービス込みで
練習日$270
レース日$300
という安さ、トランポや工具など不要で
自分の装備だけで乗れる手軽さ。
しかも、日本人ライダー何人でも受け入れてくれるという、レンタルバイク屋さんは
こちらのリンクをどうぞ、オーナーはモトクロス・アクション誌の表紙も飾っている、DENNIS・STAPLETONさん39歳です。
ワールドVETの記事も載っているので参照ください。

20191103_085007 (800x600).jpg

急勾配のアップダウンが印象的なグレンヘレン・レースウェイ。
毎週土日にイベントが入っていてAMAナショナルも組み込まれている同コース。

砂漠気候のため路面は白いサンド、埃による視界不良を防ぐため
走行中も常にスタッフが散水しているため
よいコンディションが続きます。

最高のレース環境ですね。
来年こそ走りたい!



20191103_134712 (600x800) (2).jpg


マイク・ブラウン

40代だけど30オーバーPROに出走。

#800マイク・アレッシーに次ぐ2位はさすが元AMA125クラスのトップライダー。



















20191102_125934 (600x800).jpg
 
#84田淵さんは50オーバーEXTに出走なので60オーバーEXTの伊田さんから路面状況のアドバイスをいただく。


田淵さんヒート1の2位を含む
総合4位は立派な成績。
先日のビーチレースで鎖骨骨折のまま
走っているとは思えない快挙。

来年は50オーバーEXTの先頭を目指すことでしょう。



20191102_123715 (600x800) (2).jpg





カート・ニコル

KTMを世界選手権3クラス制覇に導いた男。

50代になっても、ここではトップライダーです。
40オーバーPRO優勝。



生でカート・ニコル観るのが初めてで
生きててよかった。











2019-World-Vet-National-Glen-Helen-7.jpg

30オーバーPROヒート1

前から
アレッシー
テデスコ
ブラウン





続く・・・






あと3年半で60歳になる私の家系は長寿ではないため、順調に生きて20年くらいで終活になると思います。若いころのように、多くの時間が残っているわけではありません。
なので、これからはやり残したと思っていることを重点的にやっていきたいと思います。
やり残したことの一環として、来週海外へ逃亡します。
借金取りに成田で待ち伏せされないように日時は秘密にしておきます。
では、さようなら。

・・・そんなわけないです。ちょっと留守にするだけですから、予定通り戻ってきて仕掛りの仕事は終わらせます。

IMG_0445.JPG

これもやり残したことの一つ。

56歳で初めてサーキット走るのか、
なんで今更、と思われるかもしれませんが
私の青春時代にはサーキットが無い田舎に住んでいましたので
周りにロードレース環境が整ってなかったこと、会社に就職してからは、その環境があったにも関わらず、モトクロスというスポーツの呪縛から逃れられず、40年経ってしまったわけです。

このままサーキット走らないで過ごす選択肢もあると思うのですが、乗るものはある、装備も十分ではないが持っている。
無いのは経験とテクニックだ。
今自分の置かれた状況を考えると年老える前に、今ひとつやっておきたいと思いました。
親戚から言われたことがあるのですが、「オマエはコマイいんじゃけん、コマイことを活かしたことをせんかい」
それならば、ミニバイクはうってつけですよね。
これをやらずして、なにをやる。
というわけでまずは、エンジン整備、サスも車体も仕上がってないので、前オーナーの痕跡が消えるように、もうちょっとマシンセットアップしてから桶川SLで乗り倒そうという予定です。



先日こんなことがありました。Nチビの中古車を軽トラに積んで川越街道を走って帰る途中のことです。
和光市あたりで信号待ちしていたら、カワサキの6Rがすり抜けして軽トラの前に停まりました。
ハーフパンツにサンダル履き、ハーフキャップの恰好のオッサンに見えるその男は
半分振り向きながら煙草を吹かしている。
そして、私の視線を確認して煙草を路上に投げ捨てました。
ちょっと理解するのに時間が掛かりましたが、おそらくいい歳して軽トラにミニバイク積んで走っている
姿を見てバカにしているのだなと。
そっちこそミドルクラスのロードスポーツ乗っている割にダサイ恰好と態度だぜ、「タバコ捨てるなコラー」と言う前に信号が変わって走り去っていきました。

人は見た目で判断されることは重々承知しているのですが、あんなダサイオートバイ乗りにバカにされたことがなくて、しばらく怒りに震えながら夜の川越街道を帰るのでありました。