先月のレースでエンジン壊れて、修理のため預かっているCRF150Rについてです。
新品交換のためリストアップした部品が入荷して検品中にわかったことです。
別に鬼の首を取ったように言うつもりはないですが、一人のユーザーとしての憤りを誰でもいいから
伝えたい。
パーツリスト作成する人も部品を包装する人、倉庫から出庫する人、IT化が進む現代であっても最終的には人間の手作業によるところでミスが出てしまうことは避けられないことなのでしょう。
だから、メーカーに恨み言をいう目的ではなく、エンジン修理のてんやわんや人情劇場をお知らせしたい。

IMG_1153.JPG

この部品を頼んだ覚えがない。
しかし、見覚えのある部品です。

早速注文書を確認すると、品番は確かに注文しています。
もしや、包装ラベルと中身が間違っているのか。
年配の社員をリストラするため長年経験を積んだ職場から、やりがいの少ない倉庫へ配置換えを命じられる話を聞いたことがあります。
技術職からアルバイトでもできる単純作業を任されたベテラン社員は自分の立場を惨めに感じて退職を願うように仕向けるためです。

だから責任の軽い業務だと思って注意不足になって包装を間違っているのでは?と勘ぐってしまいました。
結論は私の勘違いで、品番と部品は一致しており、大変失礼な考えでありました。

では、この見覚えのあるベアリングが描かれているパーツリスト上の品番を追ってみました。

IMG_1150.JPG

注文した部品はトランスミッションの
カウンターシャフト、左ケースに圧入されるベアリングです。

#30の品番は包装ラベルと一致していますので
誤配達の可能性はゼロです。








IMG_1151.JPG

ところが問題点が発覚しました。

注文時は最新のパーツリスト(ウェブ上)
ですが、左は2016年のパーツリストです。

#30の品番が上とは違っていますね。

どうやら16年までが正しくて17年以降が
全部誤りになっています。






IMG_1152.JPG


この間違っている部品は16年までは
シフトドラム、シフター側のベアリングと
同じ品番であることがわかります。

要するにシフトドラムのベアリングとカウンターシャフトのベアリングが入れ替わって記載されたことになります。

17年モデルでどのような改定があったかは不明ですが、
おそらくパーツリストの作成は、それほど大規模な部署ではやってないと思います。
一人の担当者は複数の機種を掛け持ちで
改定業務に携わり、校正や承認も限られた人員で行われているでしょう。
そういう手作業の中での誤りであったと推測されます。

ここでメーカーに対して保障を求めるとか、説明を聞くとかそういうことではないのです。
現状の把握、部品代総額133000円に及ぶ修理を間違いなく迅速に行うのが私の役目、
注文した部品が全数納品されたこととともに、1個だけベアリングが足らないために、追加発注した部品が入荷するまで組み立て作業が中断していること。
些細なことではありますが、当事者としてはどうしようもないジレンマに陥ります。

IMG_1154.JPG

新品クランクケースは、このとおりベアリング無しの状態で入荷します。

全て取り寄せた新品部品で組み立てたいので追加発注した部品を待ちます。










IMG_1155.JPG

急ぎの場合は破損したクランクケースから
ベアリングを抜いて再使用すればいいだけなんですが

ドライブスプロケット側のベアリングは
トランスミッションの2軸で一番荷重のかかる部分なので
ここは新品にしておきたいから待機している状況です。

去年コロナ禍で中止されましたが今年は開催で14回目、恒例となったオジサンMXの祭典。
毎回違うセレモニーが催されるのですが、今年は往年のMXファン待望の「無限契約ライダーの集い」であります。
事情で出席できない元無限契約ライダーもおられましたが、これだけの人数が揃うのは2度とないことでありましょう。

IMG_1127.JPG

無限のモトクロス参戦はこのマシンから始まりました。

赤いシートレザーにhideakiのステンシルは
中学時代にモーターサイクリストのレース記事で拝見して覚えております。

ここから第5のワークスマシンの歴史が始まったのです。
白い塗装されたリヤフォークがアルミであったことを今日知りました。
勝つために量産車と違う試みをやっていた証拠です。

IMG_1149.JPG


そして、無限ワークス活動の後期のモデル
ME125は吉田和泉選手が乗った実車。

吉田選手本人も現行車でレジェンドクラス走りました。










IMG_1125.JPG

しっかりと無限カシオカラーにコスプレされた
YZ125を吉田選手ライドです。

この日のために尋常じゃない意気込みです。









IMG_1140.JPG



無限契約ライダー現在のお姿

左から原口衛さん
川島雄一郎さん
浅野正幸さん
唐沢榮三郎さん
吉田和泉さん
中央は本田博俊社長
鶴田忍さん
伊田伊佐夫さん。

個人的には月岡尚人さん、鈴木秀明さんに来ていただきたかったですが叶いませんでした。
これだけのメンバーが揃うことはジャパンVET以外では無かったでしょう。
IMG_1132.JPG

今日はレースに集中するためスナップだけ
収めておきます。

本大会スーパーバイザー伊田さんのマシン

その奥は私にKTM購入を進めていただいた
源治さんのマシン

共にレジェンド60オーバーに出走するワールドVET仲間であります。




IMG_1126.JPG


今回コース作りに全日本大会から尽力されている「武蔵重量」ケンヤさんのマシン

レジェンドと150クラスと4ヒート全開で走りきる体力は現役以上のものを感じます。










IMG_1144.JPG

MC役の中尾省吾さんがマイクを向けているのが本日最速ライダーの川島雄一郎さん

右に怪童と呼ばれた安井崇さん
鶴田忍さん
秋山裕之さん

80年代からのレジェンドライダーの方々
かなり懐かしい




IMG_1147.JPG


全員無限契約ライダー

これは豪華スナップです。












IMG_1145.JPG

全日本モトクロスのヤング・ガン

吉田和泉選手と川島雄一郎選手

当時乗った愛車に跨った姿はこれで見納めかも。

こんなことは2度とないでしょう。







IMG_1141.JPG


大事な取引先のホーリーエクイップ社長
堀口雅史さん
今回はXT500エンジンに換装されたRMという異色の4ストロークマシンでの参戦。

ヴィンテージ50クラス1位の実力はさすがです。
レース時間は10分プラス1周ですが
その何百倍も準備に費やされてこのグリッドに着かれたと思います。



IMG_1135.JPG

今回グラフィック変更した私のKTM350SXF

デザインはペイントマジック・ヤマさんにお願いし、スージーさんでデカール制作いただきましたが、月曜にオーダーして木曜日に荷物が届くという迅速さでビックリしました。
多分、この大会に間に合うように配慮いただいたものと思います。

結果の方は元国際A級高橋省吾選手のマシントラブルに助けられた形で
エキスパート50オーバーでヒート1、3位
ヒート2、2位の総合2位をいただきました。
来年は50代最後の年、老体に鞭打って
継続していきますよ。
































今年数えで59歳になったので、どうしようかと悩んでいるうちに体調を崩してしまって
今年初レースです。40年くらいレースしてますが毎回気持ちがリセットされていて走る前の緊張感というか、全力スタートして無事にゴールするという単純なルーティンを続ける過程で
毎回違った展開になるのが面白くて辞められないですね。・・・・60までやるかー

IMG_1110.JPG

年2回の軽井沢MPでのレースですが
もう通い慣れてしまって
高速道路なしで夜、空いている国道走って
眠くなったころに八ッ場ダムのあたりで寝てます。

朝起きると深緑のいい空気の中、散歩して
体を解し体調を整えます。
八ッ場ダム満水です。
民主党の脱ダム宣言を撤回し、建設に舵を切った判断が正しかったことをこの水量を見て思います。
これが一晩で下流に押し寄せることを想像してください。
吾妻渓谷の上流の長野県に抜けるルートは水害でいまだに通行止めです。

IMG_1112.JPG

オレンジテント新調しました。
元イダスポーツライダース北原さんにデザイン頼んで、テクニクスさんで展開されているイベントテント事業に発注しました。

MXレース、仕事も遊びも道具は必要で
作業したり語らったりする場所もなくてはなりません。
丁度、夜雨が降ってきてマシンや備品を濡らさないですみました。
グラフィックは看板も兼ねているので、会場のどこからでも居場所が直ぐわかります。

ゼッケンは希望ナンバー年度毎指定です。
#149は「伊予の国」愛媛県という意味です。四国出身のライダーですから。

IMG_1116.JPG

偶然同じ仕様のテントが並びましたので
KTM GASGASパドックさながらになりました。

梅雨入り前で天気もいいし、昨晩の雨で丁度良い散水もされていてコースはベストな状態です。

いつもこうだと、お客さん増えると思うのですが、普段の状態を整えることが、このスポーツの発展か衰退のカギだと思います。




IMG_1117.JPG

僕の撮影係はいないので走行画像はありません。

レースは結果が全て途中は誰もみてないし、当事者だけが知っているドラマです。

GP4台 SE15台 混走の20分+1周
2ヒートのレース走って

両ヒート共中盤手スタートで、ラップタイムはGPクラスより9秒ほど遅い(マイラップス参照)ですがコンスタントに無理なく刻む走りで
SEはヒート1、7位 ヒート2、9位
総合7位。
どうやらGPの伊田さんを除いて出走者最年長になりましたので、どこまで持ちこたえるか、レース一つずつ取り組んでいきます。
来週はジャパンVET、オフビ。50代クラス出走と無限ブース&トークショー(無限契約ライダー集合らしい)が楽しみです。


遊びと仕事の境界がないことやってますから、レース前日練習中に壊れたエンジンお持ち帰りしました。

IMG_1118.JPG
症状はエンジンロックして止まった。
現地でクラッチ側開けて問題なし、
ヘッド外して問題なし、

最悪の状態を予想しながらシリンダーを持ち上げました。

ピストンがボアに入ったままシリンダーが外れました。
下側からみると、ピストンピンのボスから下が割れて落ちています。
粉砕されたコンロッドは姿が見えません。

どの部分が最初に壊れたかは、ケース内に残った破片から推察するだけです。


5種類の材質の破片が確認できます。
サークリップ
ニードル
銅めっきのスラストワッシャー
アルミ鋳物(ピストンとクランクケース)
ベアリングレース(コンロッド大端)

IMG_1119.JPG

コンロッドがないクランクシャフト、
なかなか見れない光景です。

普通は大端ベアリングばらけても
コンロッドくらいは残っているからです。

幸いなことに、割れたベアリングレースが
クランクウエヴとケースのすき間に噛みこんでロックしたので
シリンダーヘッド回りは無傷でした。





IMG_1120.JPG

破片噛みこんだあたりが欠損しています。

ベアリングには焼けた痕跡がありません。
なので潤滑は良好だったでしょう。
エンジンは2019年モデルの150です。
ベアリングが破損した段階でコンロッドが傾いて、燃焼圧力を受けたピストンと
慣性力を持ったクランクの間で
コンロッドが圧縮と引っ張り、
おそらく一撃で粉砕だったと思います。


レーサーは1年くらいは問題なく走れますが2年、3年と乗り続けると、どこかの部品に寿命がきて壊れるということです。
こうならないためには2年乗ったらオーバーホールすることをお勧めします。




IMG_1121.JPG

シリンダー以下の主要部品は全部交換になります。

部品代15万くらいになるでしょう。
この機会にオーバーホールしたと考えれば丁度よいタイミングではないでしょうか。



ホンダEGのヨシダさんが遠いところへ旅立たれる前に私に託した3輪バギーでしたが
晩年、「動くようになったら見せてくれ」という言葉に答えることが出来ずに悔やんでおります。
何が無くて動いていなかったかというと、EVのエネルギー源であるバッテリーが積まれていなかったこと、乗車するためのシートが存在してなかったという2点だけでした。

IMG_1102.JPG

動かないバギーはスクラップ同然ですから
早々にバッテリー4個購入して
シートもスクーター用を改造してフレームに取り付けたのですが
製作者であるヨシダさんの病状を全く知らないで「そのうち見に来られるだろう」と呑気にしていたら、叶わぬ報告となってしまいました。

動力となるモーターはEG製の汎用モーターで動力軸がそのままホイールと直結している、フロントがインホイールモーターで
後輪はリジッドアクスルにチェーンドライブで駆動されます。

この駆動系の特徴は前後タイヤの外径が
大きく異なるのに前後タイヤが同じ周速で回るということです。
エンジンが動力であった場合は、前後同じ外径のタイヤと前後の周速のずれによる負荷(周速が遅い方のタイヤがブレーキとなって負荷が掛かる)を相殺するセンターデフかフリーハブが必要になります。

ところがこのモータードライブは前後輪の回転差を相殺する機構は全く付いていません。
これは、前後のモーターが一つの回路で繋がっており、前後モーター軸の回転数を同期するのではなく
負荷が同期するようになっているということです。
車体を走行させるために仕事するモーターの負荷が同じということで、センターデフは必要ないのです。

IMG_1106.JPG

こちら側に後輪用のモーターが見えます。

モーターの軸にドライブスプロケットが直結されてチェーンを介してリヤアクスルのスプロケットへ伝達します。










IMG_1103.JPG

ブレーキはモーター軸に付けられたディスクを油圧キャリパーで挟む方式です。

アクセルワイヤーがメインフレーム下のコントロールユニットに繋がれ
ラジオの音量調節のように0から最大まで
右手のスロットルでパワーを調節できます。

ホンダエンジニアリングは生産設備を作る会社なので、このような電気回路は得意分野でしょう。シンプルなのに操作性に問題がない車両で驚きます。

左手元のボタン操作で逆回転もできるので
バックも同じ速度で可能です。





IMG_1105.JPG

長年止まっていた理由として
製作されて20年以上経過しているので
タイヤが劣化してエアー漏れしていました。

何用のタイヤか分からず、放置していたのですが、草刈り機やゴルフカート用が同じサイズであることが分かり左右共、新品交換しました。
バッテリー4個とタイヤ2本とシート代など
7万円近い出費で、ようやく復活した形です。

ちょっとお高い、一人乗り電動カートといったところです。


IMG_1104.JPG

フロントタイヤはATC125クラスだと思いますが機種不明のバルーンタイヤです。

大胆な片持ちフロントアームにインホイールモーターがボルト結合されています。

サス無しなのでバルーンタイヤがショックを吸収するので乗り心地は柔らかいです。

これも製作者の遺志を継いで保存しておく
予定です。