今週末はクラブマンMX第7戦、第105回全日本モトクロス競技大会。
全日本という名称は競技団体が日本でここだけしかなかった黎明期から続く伝統らしいです。
今年2回目のフルサイズMXerでのレース、実は来週のための肩慣らしのつもりです。

17日は四国モトクロス選手権、82年以来の四国戦出場に新たな気分で臨みます。
実家の草刈りのついでに四国遠征で、会場は8月に練習に行った美馬モーターランドです。
MFJライセンスも20年失効していたのでノービスクラスです。実力どおりなので調度いいと思います。

そして24日はMFJ日本GP、SUGO大会観戦ですが、主目的は仙台のお客さんから車両預かりに行くことです。埼玉までレンタカー借りて2往復運搬していただくのは申し訳なく思い、GP観戦と抱き合わせれば1往復で済むでしょう、という考えです。

IMG_1324.JPG

今製作中のCRF150R用チタンサイレンサー。

お客さんから受注したので、今週中に完成させなくてはレースにいけません。



材料が少し取り寄せ中なので中断しています。
待っている間に別の仕事も進めておかなくては。



IMG_1327.JPG

ノーマルサイレンサーが取りつくようにチタンのエキパイも作っておきます。

今回はサイレンサーとセットの注文なので
それぞれ純正部品との互換性を持たせるようにしています。

エキパイ上部にレゾネーター装着してありますが、効果のほどは、150用としては今回初めてなので、納品してからインプレ聞いてみたいと思います。



金曜日に材料が入荷すれば間に合うのだが・・・

IMG_1328.JPG

純正部品と互換性を持たせるため

サイレンサーはノーマルエキパイに取り付くように作ります。

サイレンサーのチタン材についてメリットはあるのか、
グラスウールが入ってない状態で
重量は800gしかありません。
ノーマルはグラウウール入りで1.6kg
中々軽いですがアルミボディとステンレス材の組み合わせです。
アルミの部分は柔らかいので凹みや傷がつきやすいですが、チタンは硬いので0.8mmという薄板でも凹みや傷に対して強いというメリットになります。

IMG_1329.JPG



ここのプレートが材料待ちの状態なので

スチールプレートで位置合わせまで完了させておきます。

チタンプレート入荷と同時に同形状のステーを作って溶接するだけです。








IMG_1330.JPG

チタンエキパイも当たり前ですが取り付くことを確認して、材料を待つだけです。

なんとか今週末のレースに行けるかな。











IMG_1331.JPG

上がノーマルエキパイ
中はチタンパイプに置き換えただけの仕様
下が今回レゾネーター追加した仕様。

フランジは3つとも、アルミビレットにて製作

今回は拡管の方法を変えました。
パイプを曲げる前に
φ31.8⇒φ35
φ35 ⇒φ38.1
パイプの端を油圧プレスで拡管してから
手曲げしておりますので
中より下のパイプは繋ぎ目が少なく出来ております。

一日経って

IMG_1333.JPG

チタンプレート t2mm 
レーザー加工が出来上がったので
油圧プレスで曲げます。

曲げ角度はスチールプレート試作したもので
車体合わせしたので
同様に曲げるだけです。








IMG_1334.JPG

t2チタン3枚合わせです。

絶対に亀裂入らない構造だと思います。

今度乗るライダーが規格外なので
丁度良い耐久性確認できそうです。









IMG_1336.JPG


グラスウールも詰めて組み立て完了
車体は自前のCRFを治具代わりとしているので
マフラー、エキパイ単体で納品です。
オーナーは今週末HSRへ行っているので来週ですがね。




これで明日、軽井沢MPへ出発できます。
そして日曜日はオジサンライダー集まって、お楽しみのMXレースです。


サブフレームのサイレンサーマウントの不具合ですが、アルミプレートがサイレンサーの重量に耐えられず、後ろ側に亀裂が入ります。亀裂が発生したら破断するまで1レース持たずにサイレンサー脱落という事態になります。

IMG_1316.JPG

これは走行の少ない車体なので亀裂が入る前に補強しておこうと思います。

ノーマルサイレンサーのステー厚さが12mmあるのに、サブフレーム側のプレートは6mm厚の一枚板で
断面積が少ないことが原因でしょう。

プレートの後ろ側の応力測定したら高い数値が出ることでしょう。





IMG_1318.JPG


ノーマルのプレートに被せるブラケットをフライス加工で作りました。

オリジナル設計なので、誰かの真似はしておりません。


実走で不具合を出さないための対策を考えたものです。





IMG_1319.JPG

ノーマルのシートレールとマウントプレートに被せて仮止めします。

ノーマルの取り付け位置を変えないで
強度アップすることが目的です。











IMG_1320.JPG

見た目で頑丈な感じです。

これで亀裂は発生しないと思います。












IMG_1323.JPG

裏側も全周溶接です。絶対外れないでしょう。

シートレール内側の盛り上がった部分はリヤフェンダーをカットする必要があります。

ボルト穴の座グリ加工はフランジナットで裏から締められるようになっています。

たまにボルトが締まってなくてマフラーが脱落させることがあるので
締め忘れ防止ですね。


もうすぐ長い休みだった全日本が再開します。後2戦ですから最後まで壊れないで走ってもらいたいです。



93年(H5)奈良県全県区から衆議院議員初当選。
93年の私と言えば会社辞めて2年目、人生で一番お気楽なモードで過ごしていた時期。
モトクロスも完全に足を洗って人生の目標みたいなものもなく、ただ与えられた簡単な仕事をこなして生計をたてていました。
それに比べて高市さんは、このころからTVに露出し始めて女性国会議員として有名な存在になっていましたが、それでもこの人の活動については全く知らなくて30年近く経ってしまいましたが、
この写真を見て改めて、この人の活躍を期待するようになりました。

IMG_1314.JPG

27歳ころ大阪の実家前でのスナップということですから、議員になる前ですね。
門の構えから、なかなかの上流家庭でお育ちになられたと推察できますが、
バイト代が溜まるとツーリングにでかけた。
日本の海岸線の道路は殆ど走った。
といいますから、好きなものを何でも買い与えられたわけでなく、「自分で稼いで好きな事に使いなさい」という家庭の方針であったことは想像できます。

3回の大臣経験、衆議院運営委員長、自民党政務調査会長、歴任と日本会議に所属されていることから、日本を動かす権力を持った首脳の一人に違いないのです。

その高市さんがオートバイ好きとは露知らず、ライディングなどとは無縁の才女かと思いきや、裏六甲や阪奈道路のワインディングを攻めていたバイクフリークであったことで見る目が変わりました。
政策においても、マイナンバー制度の確立や高速道路二人乗りを可能とした法改正など、誰でも知っているような改革に取り組まれていることで、他の政治家も超エリートだと思いますがこの人は別格、今一番自民党総裁=次期総理大臣になってほしい人物(というか、その器の人)だと思います。
何を聞かれてもすらすらと答えられる思考能力、言論で戦う上でこの人に勝てる者がいるだろうか。

政治家の中にもバイク好きは多いみたいで(2輪に対して偏見の多い国ですから公表を控えていらっしゃる)政界バイカーズなる組織も存在するみたいで、たまに集合してツーリングなどされるのでしょうか。
高市さん本人は交通事故など起こして廻りに迷惑をかけてはいけないと39歳で公道を走るのを止めているとか(谷垣さんみたいになっては問題ですからね)
ご自分の走り屋的本能から、いつか失敗をしてしまうことを恐れたのかもしれません。

さて私より2歳年上の高市さんですが、画像の愛車はGPZ400ということで、同年代としては新しめなバイクに乗っておられた。
おそらく学生時代は勉学が忙しく、その時間がなかったり親がバイクを買い与えたりしなかった家庭環境から大人になって自分の収入で乗り始めたから、この年式のGPZなのだろうと思います。

私らが学生のころはCB350や400fourという4気筒モデルがありましたが、すでに旧車の部類で
400は2気筒が主流の時代、人気モデルはホークかGSと決まっていましたが、高専3年生のころですかね、カワサキから400の4気筒が発売されるというモーターサイクリスト誌のスクープ記事を見て
学生寮では色めきたっていました。
そのあとZ250やRG250などのクオーターモデルが流行りはじめ、RGγやRZの時代に突入していったのですが、学業忙しい高市さんだから最初のバイクはGPZになってしまったのでしょう。

同じ女性ライダーとして堀ひろこや三好礼子、井形まり、小沼加代子らのバイク業界に与えた影響は多きかったと思いますが、高市さんが2輪ライダーであってくれたことで、それ以上の影響力を発揮して、この日本の首脳がバイク好きの社会を作っていただけたらと切望するのであります。


直近の問題としては自動運転技術に対する法整備、原発や自然エネルギーなどのエネルギー政策、
隣国のミサイル配備に対する防衛策、自然災害の脅威から逃れる支援、それから、この方は経済学の権威でもありますので、日本の経済成長政策も外せない。
我欲優先の役立たず政治家には期待できない、日本のジャンヌダルクの奮闘に期待します。


数量限定、RMX250Sチャンバー、サイレンサーのセットです。
現在1台分在庫ありますが、応募の状況によって2台分にすることも検討します。

IMG_1307.JPG

RMX250S最終型に適合します。

2000年に制作した治具に合わせて製作しております。
同様の手段で20年間100台以上販売実績がありますから、取り付け不具合などのクレームは無かったと記憶しております。
(一回くらいありましたが、車体お持ち込みで修正対応しました。)

価格チャンバー¥28270
  サイレンサー¥13530
送料¥1000(本州)
合計¥42800(税込み)


応募要件
1)数量限定なので購入希望者の全員に販売できないことがあります。

2)応募はお名前、住所、電話番号をメール送信してお申し込みください。
 メールアドレス ex117@precious-factory.com

3)当選はメール着信順ではありません。募集期間は本日から1週間とします。

4)応募と同時にアンケート回答いただけた客さんから選定させていただきます。
 以下アンケート内容

1.過去お問い合わせされた場合はメールの送信日付けをお知らせください。(優先順位に反映します)

2.ご所有のRMX積算距離、エンジンオーバーホールされた場合はオーバーホール後の走行距離

3.現在使用中のチャンバーメーカー(純正かブランド名でお答えください)

4.RMXの主な使用目的(ちょい乗り、ツーリング、林道、コンペティション、その他)


5)当選されたお客様にメール連絡し、代金お振込みが確認できましたら商品発送という流れになります。

過去にお問い合わせ履歴がある
走行距離は少なめ、今後保存期間が長い車体
社外チャンバー装着経験は比較体験に
使用目的によって消耗や寿命に影響、このような選定基準で決定させていただきます。

IMG_1309.JPG

マウントステーにグロメットが装着される
独特の形状がRMXの特徴でありますが

そのためマウントステーの装着に他機種より手間がかかるのが、作り側としての難点です。

口元はノーマル同様にOリングでシーリングの上スタッドボルト2点で固定されます。





IMG_1312.JPG


オールアルミサイレンサーは軽量800g

アルミリベット4か所外してグラスウール交換も容易にできます。

ノーマルの重量から比較すると、車体取り回し時に分かるくらいの軽さです。

ローボーイチャンバーからアップマフラーは
CRMと似たレイアウトですが
RMXのお客さんからリヤウインカー廻りの排気汚れを打ち上げるお客さんはおられなかったですね。




猛暑日に皮ツナギ着てサーキット走る気力がないので、1年間放置していたNSR50を可動状態にしておこうと重い腰をあげることにしました。
もっとやることあるから時間が取れないということが正直なところ、いつまでも着手しなかったら永遠にストップするなと思って、他の作業を投げうって、中古NSR入手時から計画していたチャンバー製作です。

中古車にはメーカー不詳の社外チャンバーが付いており、ノーマルチャンバーは前オーナーが部品売却したか知りませんが付属してなかったのです。
一応中古の後期型ノーマルチャンバーを入手してノーマルマシンでの試運転は果たしました。
しかし、初日で転倒してしまい、ハンドルやタンクの修理(アルミタンク製作)で走行可能にしたつもりでした。

IMG_1304.JPG

50用のチャンバーは経験がなく、どんなパワー特性が得られるか
ダイノジェット計測でノーマルチャンバーと比較してみたいと思います。

我社から徒歩3分のモトグラッドさんへ押してきました。
トランポ必要ない便利さです。

これからノーマルとニューチャンバーとそれぞれのパワーチェックして比較します。



IMG_1302.JPG


暖気運転しますが、ノーマルラジエターなのに中々水温上がりません。

5分くらいレーシングさせて60℃超えてから計測スタートです。

モトグラッドのK店長、50ccのパワーチェックは初めてだそうで、パワー掴むまで何回もトライするのですが
実はキャブレターが不調であることが、この時点で判明しました。

一時的に解消していたオーバーフローが
再発してきました。
タンク外してキャブばらして、フロートバルブ動作確認したりすること数回、気まぐれなキャブレターの機嫌が直った瞬間に、なんとか計測できましたが、高回転でアクセル煽っても付いてこない症状で満足ではありませんが、今日は補修パーツも無いのでこのまま突っ走りました。

IMG_1306.JPG

キャブセッティングはオーバーホールしてからにします。

現状のパワーチェック、ノーマルと新チャンバーの数値を重ねたグラフになります。

ノーマルNSRのスペックは
最高出力7.2ps/10000rpm
最大トルク0.65kgm/7500rpm

計測データは
ノーマル(緑)7.2ps
新チャンバー(青、赤)8.7ps

最大トルク
ノーマル0.6kgm
新チャンバー0.7kgm
ノーマルはカタログ数値どおりの結果であること、新チャンバーは馬力、トルク共にノーマルを上回っていること、
特に10000回転付近でノーマルは出力低下していくのに新チャンバーは少し落ち込んでから
12000回転でピークパワーが復活してくることが判りました。
パワーの谷間の改善は後でトライしてみますが、サーキット走行には新チャンバーが有利な結果であることは間違いないでしょう。



オイ!いつ乗りに行くんじゃ。