ようやく今年一回目の全日本参戦に漕ぎ着けました。

IMG_1746.JPG

ベース車両は私が乗っていた12年前の車体です。

消耗部品、エンジンからサスペンションまで
ほぼ全部新品交換して臨んだので

実質22モデルと呼んでいいかもしれませんが
秘密ですが幾つかの部品はライダーとのマッチングとオーダーを聞いて変更してあるのでCRF150R改と呼んでおきましょう。



IMG_1753.JPG


結果から言いますと
3位入賞、絶対捕りたかったポディウムに
何とか立つことができましたが
恐れていたレディース3強の一人が崩れたことに助けられてのことなので
次戦に向けて対策はしなければなりません。

とりあえずお金と労力をかけた、メッシュスタートの練習が功を奏して、ホールショットはいただいておきました。

常にコースに合わせた攻略法を模索しながらレース活動続けていきます。

ここOFVは全日本の時だけ現れるスペシャルセクションです。テーブルが2個続くIBの中段以上の選手は全員飛んでるダブルジャンプの距離は
歩幅で40歩です。

IMG_1756.JPG

前日マディのため洗車場の下敷きにコンパネ数枚置いてきたので
月曜日早朝に引き上げに行ってきました。
当然メカニックの仕事です。

ついでにIA1決勝ヒート3の跡をウォーキングでみてきました。

この轍、どれを選びますか?
このような路面をレース中に判断して躊躇なく走っていくライディングスキルですが
こんなグルーブは普段練習時にはできないので、レースの決勝を走ったひとだけが経験出来るスペシャルセクションといえます。

IMG_1757.JPG

初お目見え、6番ポストのS字は2レーンとなっております。

進入がイン側のレーンは距離が近いですが
タイトターンでスピードが落ちます。

アウト側のレーンはRが大きくハイスピードになりますが距離が遠いので
どちらがタイムが良いか判断が難しいです。

結局ウチのライダーはベストラップが練習時より5秒も遅い。
ライバルたちも同様のようです。
荒れた路面の攻略に苦しんだか、安全マージンを取って固い走りになってしまったか
実戦をもっと経験しないと答えは見えてこないでしょう。


2週間ほどレースメカニックに向けて準備を進めてきましたが
いよいよ参戦1週間を切りましたので、最終調整に入ります。

IMG_1741.JPG

全日本MX関東大会のスタートは
独特なエキスパンドメタル仕様なので
誰もが不慣れな、
というか誰でも真っすぐにスタート出来てしまうので他車と差をつけるために工夫をしなければならないのです。

その方法を模索するには繰り返し、何度もスタート練習する方法しかないと思います。

なので一人用スタート台を作って
本番をシュミレーションしながら何百回と繰り返します。

途中クラッチ板が熱膨張してクラッチが切れなくなってくるので、ケーブル調整をしながら
行いました。

メタル部分のスリップは安定していると思いますが、土の路面に降りた瞬間にトラクションが急変するので、その対応がライダーの腕の見せ所です。

IMG_1744.JPG

結局、管理人さんの計らいで
本物のゲートを使わしてもらえたので
より本番に近いシュミレーションができたではないでしょうか。

この日来場していたA級のトップライダーにも
いっぱい練習してもらいました。

有意義な一日であったと確信しております。







尚、自分のチームでない活動のため、ライダー名やマシンチューニングなどの情報公開は控えさせていただきます。
組み立てや修理以外の側面からみたメカニック業務の実態の話でした。

ここ2週間ほどメカニック業務にはまっています。
物作りは疎かになっていますが、落ち着いてきたら通常に戻ると思います。

IMG_1740.JPG

メカニック頼まれているライダーにスタート練習もしてもらうつもりで作った一人用スタートゲートですが

オフビのスタートライン前に設置したら
撤去しろといわれたので、あそこでは使わないことにしました。
他のチームでは使っているのですが
ウチだけダメだというので、
何か個人的恨みでもあるのだろうと思って関わらないことにいたします。




IMG_1738.JPG


エンジンやサスペンションの組み立ては当たり前なのですが
社外マフラーを使いやすいように改造するのもメカニック業務の一環です。

これは今後のメンテナンスのため、マフラーを分解してグラスウールの素材を確認した後、リベット外しの面倒がないように
内側にナットを溶接して
ビス止めに変更しました。

ヘキサゴンレンチだけで外せます。



IMG_1739.JPG
ついでに、締め付け面の摩耗を軽減するためステンレスバンドを取り付けました。

バンドの製作は、図面を描いて
近くの精密板金工場でレーザー加工してもらいました。
少量でも引き受けていただけるので助かります。

このあとノーマルでは性能不足のCRF150を全日本仕様にする特殊パーツを次々に投入していくのであります。


正月明けに塗装剥離してあったCRF150Rシャーシ部品のペイントが仕上がりました。

IMG_1733.JPG

元国際A級ペインターに頼みましたが
代金は後日、体でお支払いする約束で
清算する予定です。

本田最高顧問が存命中は、本田の戦闘機カラーは赤と決まっていたはずですが
最近は忘れられているようです。

僕ら現役時代のホンダ車(CR)イメージに染めたかったのです。





IMG_1736.JPG

この車両は10年前の車体でエンジンOHやサスペンションモディファイ、ホイール組み換えを済ませ、自分で乗るつもりでしたが

別の人に貸し出す予定が出来て、最終チェックを行ってるところです。

明日試走が終わったら
またエンジン降ろして、使い古した駆動系部品を交換して本番に臨むという段取りです。

青ゼッケンはとりあえず仮の物です。
本番は白になります。


IMG_1737.JPG


スタートの必需品、ホールショットデバイスも
150用に作って取り付けました。
メーカー純正以外の市販品を使わないのが
我社のレースポリシーです。


外はザーザー雨が降っているので明日に備えてマディ用タイヤに交換します。
AM0:30時点