2016年1月アーカイブ

日本最強のVMXワークスショップのホーリーさんから情報をいただき動画をUPさせていただきます。

桶川や後楽園スーパークロスも走ったことのあるAMAモトクロスのレジェンド、マーティー・スミスさんと
アメリカホンダの有名チューナー、デーブ・アーノルドさんがスーパークロス会場の展示品CR250Rに装着された
弊社製チャンバーと一緒に写っています。



一昨年、ホーリーさんに50台分納品しまして世界中に渡っていったうちの1本だと思います。
ビンテージチャンバーの企画はホーリーさんの提案なので、このような機会に恵まれましたことを感謝いたします。
数10年に一度の大寒波の日、幸い関東地方は雪の影響がなかったので、チャンバーテスト敢行しました。
キッズライダーによるインプレッションだけでなく自らKX85試乗させてもらい、BUDチャンバー、弊社オリジナルと
乗り比べて大体の性能が把握できました。

先週作ったオリジナル品は懸案であった高回転域のパワーも改善されており、低速から中間加速のトルク感も満足できるレベルだと感じました。
ノーマルチャンバーからのリプレイス品としては充分インパクトのある性能だと思いますので市販に向けて準備しますが、キッズライダーにとっては技量やエンジンの使い方によって要求はさまざまで、思ったことを遠慮なく言ってきますので、弱小な技術レベルですが可能な限り対応していきたいと思います。

CIMG5005.JPG

やはりチャンバーは塗装しないで焼け色がついてくるのが一番いいですね。

全体が焼けてきたら磨いて、また焼き色つけるのを楽しむという繰り返しです。

この日は大寒波で超寒かったため、鉄板も冷却されますから熱があまり伝わってないのが色から判断できます。





しかしモトクロスコースへ/行くと周りのご父兄はA級ライダーばっかりで、元田舎B級はオレだけか。しかも老体でまともにオートバイを操れないときたもんでイジケまくりますね。
なので現実を直視して前進するだけです。





先週日曜に埼玉県某所でテスト品のインプレッションをしてもらってきました。
テストライダーはO氏のご子息、だいぶ上達してきたので、性能比較の経験もいいかもしれない。

ただし2輪の乗車経験は65や85のモトクロッサーしかないので、他社との比較や感じ取ったことを
言語で表現するには、技術用語も必要でしょう。
たとえば性能曲線を理解しているか、馬力とトルクの物理的概念とかを定性的に判別できる能力があるかと
言われれば年齢的に不可能な部分があるので、私とO氏でインプレッションを解釈しながらの確認です。

CIMG5000.JPG

左端は普段使っているBUDレーシング。
高速の伸びが気に入っているようですが
低速トルクがなくて、コーナー立ち上がりで
半クラッチが必要らしい。

右から2本目は低速からトルクが出ていて
半クラッチの必要がなく、中間加速もBADと同等だが伸びはBADの方が良い。

3本目は2本目より高回転を狙ったが、中間までは同等だが、高回転はあまり伸びてない、または早く吹けきってしまう表現かもしれない。

そこで右端はBADの諸元を測って、オリジナル品と比較して同等の伸びを目指す目的で試作したので、今度乗ってもらう予定です。
日本のモトクロスシーンでは高回転型よりも低中速のトルクやパワーの立ち上がりがスムーズな方が、万人に扱いやすいと考えていますが、高回転キープできる体力やスキルのある人向けに高回転型もありかな、と思っていますが最終的に一つのスペックに絞らないとラインナップになりませんので、もう少しかかるでしょう。

CIMG5001.JPG

自社ノウハウを入れて作っておりますが

スペックが似ていれば形状も似てきました。

純正チャンバーも含めて5種類もスペックを計測して実走確認するので、ちょっとした知的財産になりますね。



天気予報で知っておりましたけど、油断したなー。
夜12時ころ降っていたのは雨でしたから、平野部は積雪ないだろうと余裕コイてました。

朝起きたらこうですよ。

CIMG4976.JPG

横着して駐輪場はクイックテントでしのいでいたのですが、見事に潰れました。

全部雪下ししないと、かたずけもできません。
しかし、雪重いです。
推定200kgくらいテントにのしかかっていました。

このあと雨が降り続くので、さらに重くなる前に雪下し完了しとかないと仕事できません。

2014年も大雪2回降って、学習したはずなのに・・・・
真剣にカーポート作る気になってきました。
時間ないのになー

また悩み事が増えて具合悪くなりそうです。
しかも、まだ1月ですからね。備えておかないと、再び災害はやってくるでしょう。

家の前の国道は車が列になって止まったまま、運転手さんも仕事にならないですね。


CIMG4999.JPG

積雪は二日後が危険なのです。

屋根の雪下しは不可能なので
溶けかかった雪が一気に滑り降りてきます。

一発でこれだけの量落ちてくるので
人に当たったら死ぬでしょう。

嫌な予感がしたので軒下から離して停めておいたスクーターは前に押されて倒れかかっています。

軽トラの雪はこのまま捨てに行くのに都合よかっただけです。
庭狭いのは辛いのー。


2014年にモデルチェンジされたKX85に伴って、弊社ラインナップにありました同チャンバーも15年が経過し
全面的に見直す良い機会と考え、新型チャンバーに着手していましたが
出力特性に満足な結果が得られていなかったため試作トライをする計画だったが、骨折事故で中断を余儀なくされて、今日に至りました。

CIMG4974.JPG

ここにテスト済みチャンバーが2種類あります。

実走テスト結果は
一つは、高速域は良好だが低速トルク不足。

もう一つは、低中速域は良好だが、高回転時にトルクの谷がある。

どちらも有効な出力が出せる回転域に偏りがあるためスペックを補正する必要があると判断して、エキパイ長やテーパーの寸法を変更して
再トライする予定です。




CIMG4975.JPG

これで2種類のチャンバーができました。

狙いは上記の2種類の弱点を対策する方向で決めていますが、確証はないので後日、実走テストで調べる予定です。

テストライダーは前回もお願いした、ホンダとスズキでファクトリーライダーを務めた経験のあるO氏に依頼することにしています。

試作車両の乗車経験と開発能力があって、いまでも遜色なく走れるライダーは少ないと思いますので、インプレッションに信頼性が持てるのです。


すでに興味を持たれて、ご予約のお客さんもおられますので急ピッチで進めてまいります。
もうしばらくお待ちください。
昨年中は怪我や体調不良の影響などで、やりたいことは半分もできていない年でした。
今年はもう少し良い年だったと思えるように、なるべく多くの時間をやりたいことに費やす所存でおります。

コンセプトは、今でないと出来ないこと、いずれ出来なくなることが分かっていることを後回しにしない。ということですかね。もうすぐ老後の今何をやるか、常に考えていかなくてはなりません。

二十歳やそこらでピチピチしているのは当たり前のこと、50過ぎてからが本当の姿という思いで、なんとか体力の維持を計っていきたい。
筋トレやストレッチ、ランニングなどで基礎体力は維持できると思いますが、オートバイに乗るための体力、
動態視力や反射神経といったものは乗ることによってしか身につかないと考えていますので、
可能な限り乗ることに重点をおいて活動していきます。

450でジャンプ頂点.jpg

MX408の新コース、初乗りはここにしました。
相変わらず環境抜群のコースですね。

音量規制の厳しい場所ですが、私のオリジナルマフラーで問題なく乗れます。
規制クリアさせて作っていますので当然のことです。

コースレイアウトはワイドオープンな部分とタイトな部分が織り交ぜてあって、グリップの良い路面も相まって、走りやすいですがつい乗りすぎて背筋が痛いです。



ミニでジャンプ.jpg

4年ぶりに150も乗ってみました。
フルサイズに乗りなれてしまって
チビ太の私でもポジションが窮屈で乗りこなしが難しいです。
低速トルクも全然ないパワーフィールなので
非力なエンジンでスピードを殺さないトレーニングには非常に良いな、と思いました。








ミニで頑張るコーナー.jpg


エエーイ!
ミニバイクはタイトターンがやりやすいです。
どんどん旋回スピード上げていきたいですね。











450でコーナー.jpg

450は小さい体で言うこと効かすのは無理なんでマシンに逆らわないスムーズな乗り方に気を使っています。










ではモトクロスコースでお会いした方はお手柔らかに揉んでやってください。今年も与路死句です。

本日天気晴朗ナレドモ波高シ。明治38年、連合艦隊海軍中将の秋山真之(松山藩出身)が日本海海戦直前に大本営に送った電文の一節である。
「勝って兜の緒を締める」の名言を残した東郷平八郎連合艦隊司令長官の資料も初めて拝見しました。

鉄に関わる仕事で生活してきた30余年でしたが、日本の鉄にまつわる歴史に強く惹かれるこの頃なので
これを見ないで死ぬわけにはいかぬ、ということで横須賀の戦艦「三笠」を見学してきました。

CIMG4925.JPG

東郷平八郎元帥は秋山中将らと共に立案した「T字戦法」(東郷ターン)で
当時最強だったロシア海軍のバルチック艦隊を日本海海戦で撃破したのでありました。

そのとき乗船していた連合艦隊旗艦の三笠は
ワシントン軍縮条約により1923年(大正12年)に廃艦が決定し、この横須賀へ曳航され、皇居に船首を向けた位置で着床させられています。
船上の装備は全て盗まれ、奇跡的に残ったのは碇とアンカーチェーン、それを昇降するクレーンのみで、大砲や煙突、マストなどの構造物は後世に作られたレプリカ品ではありますが、現存する図面を基に作成された精巧な作りで見ごたえがあります。

CIMG4930.JPG

そもそも明治時代に大量の鉄を使った戦艦など日本に作れたのか?ということが疑問で調べ始めたのですが
官営製鉄所の八幡製鉄所で高炉の操業開始したのが1901年(明治34)に対し
英国ヴィッカース社で製造しサウザンプトンで日本海軍に引き渡されたのが1902年(明治35)ですから、他の5隻の戦艦と6隻の装甲巡洋艦は英国製ということで
日本独自の技術力では当時は出来なかったという結論に至りました。

船首の「菊紋」はレプリカで本物は船内の展示室に保存されています。
木製の彫刻に金箔で装飾されたものでした。

CIMG4929.JPG

江戸時代が終わって僅か35年後にこのような鋼鉄の塊で作られた船で戦争を行っていたことに驚きを隠せません。

戦艦らしく大砲や機関砲が何十機も突き出しています。









CIMG4932.JPG

砲撃手はこのようなむき出しの窓から敵艦の攻撃に曝されながら、砲撃を行っていたのでしょう。
実際に手を触れて操作可能な状態で展示されています。











CIMG4935.JPG

操舵室から船首を臨む眺めです。

東郷元帥はここからT字作戦の指示を出していたのでしょうか。

左右にアンカークレーンが突き出しているのが見えますね。これだけが盗まれることなく当時のまま保存されている艦上装備だそうです。







CIMG4937.JPG

機関の解説はヴィッカース社から譲り受けた図面と共に展示室で閲覧できます。

石炭火力の蒸気機関だったようですね。
横浜の「氷川丸」はディーゼル機関だったので
明治期を感じさせる技術でありますが
日本ではそれさえも自国での生産は程遠い時代だったと思われます。

そんな外国頼りの技術力でありながら、日清、日露戦争と勝ち進んでいったことが奢りや迷走の軍国主義を推し進めていたのだと思います。

欧米列強は商業的に鉄鋼や機械の生産技術を売り込んでしまったことが、職人気質の民族に勢い付けてしまった結果になったかもしれません。