2013年9月アーカイブ

先週末、つまらん仕事に手こずり予定が狂ってしまったので時間を取り戻すために日曜も業務でした。おかげで先週完了予定だったサイレンサーを今朝発送できました。

CIMG2731.JPG

 

YZ85サイレンサーですが、ミニモト用商品としては一番多く作ったと思います。

2ストトレール用チャンバーに並ぶ主力商品となっています。

本当は新機種のマフラーを作りたいですが、大きいメーカーが競って新商品を出しますので、零細な個人商店は出る幕がありません。

そこで、どこもやっていない旧式マシンのマフラー作りが回ってくるという寸法です。

暇にならなくてありがたいことです。

 

CIMG2738.JPG先週預かったサイレンサーの修理をサクサクとやっていきます。

削れた部分を切り取り、新しいアルミ板を板金で丸みをつけた後、仮止めします。

気をつけることは、元の板と段差ができると溶接後に修正が効かないので、繋ぎめを同じ高さで止めるということです。

溶接で歪みますので、仮止めは多い方が狂わないでしょう。

 

 

 

CIMG2739.JPG全部溶接してからビードを研磨仕上げした状態です。

繋ぎ目がなるべくわからなく仕上げるところが腕の見せどころですが

あまり上手じゃないですね。

実は新しい物を作るより、部分的に修理して元どおりにする方が困難だったりします。

このエンドカバーは純正部品で¥4000で購入できるので、迷わず新品に交換した方が手間がかからないです。

しかし、私は部品交換屋ではないことを示したいために敢えて板金溶接することを選びました。

CIMG2737.JPG

 

削れてしまったサイレンサーボディは5cmカットしてリベット穴を空ければ再使用できます。

インナーパイプも5cmカットして差込部分を溶接します。

2013モデルのサイレンサーは5cmカットしても音量規制をクリアできることを確認してあります。純正品は消耗も考慮して騒音に対して余裕をもった仕様になっているのです。

全長が長いので、転倒でエンドカバーが衝突しないためにも短い方が有利です。

 

CIMG2741.JPG

板金修理したエンドカバーに色気を持たせるためにバフ仕上げとしました。

5cmショート化とポリッシュによる輝きでノーマルサイレンサーとは違った外観になるでしょう。

傷ついたから、あっさりと社外マフラーに取り換えるよりも、個性的になるとは思いませんか。

 

 

 

 

 

関東選の翌日、オフビレに伊田選手のお店で使うスノースクート用フレームの改修のため、打ち合わせを兼ねてMX練習に行きました。

偶然隣に止めてあったバイクキャリア積載のCRF250のマフラーが酷く削れているのが気になりました。暫くして持ち主が戻ってきたら、昔のミニモトライバルでした。彼の乗っていたCR125のチャンバーやアフリカツインのマフラーも作ったことがあったので思い出しました。

CIMG2728.JPG

 

問題なく乗り回していましたが、「これはどうした?」と尋ねたら

関越道でキャリアから落として引きずった、と言います。

タイダウンが引っかかっていたので、後続車に衝突されることは無かったのが不幸中の幸いです。

ハンドルもメチャメチャになったので取り換えましたが、マフラーは中身にダメージがないので走行に支障ありません。カッコ悪いだけです。

部品交換で治せばよかろうと思いますが部品代はマフラーボディ単品で¥42700もします。リベットも20箇所で¥1600します。交換工賃¥5000でやったとしても5万円オーバーですから悩むところです。

修理代5万円出すなら、社外のマフラーに取り換えてしまうところです。このマフラーは純正で¥88000もするのに驚きです。お金持ちでないと、なかなか取り換えないでしょうね。

しかし、彼は東京ドームの近くで飲食店を経営していて今度2店舗めを出す予定の実業家ですから新品交換などわけないことだと思います。しかもお気に入りの国際A級ライダーに現金スポンサーもしているそうです。

CIMG2730.JPG

その彼が私に「どうすればいいですか?」と聞くので

ダメなとこだけ作って取り換えればいいんだ、という具合にいつものように安易に答えてしまった責任をとるために、練習後マフラー外してお持ち帰りすることになりました。

修理代大幅削減は確実ですが、これにかかっていると仕事の予定に影響がでますので、納期はゆっくりでいいという確認をとって、再来週くらいに治したいと思います。

彼と彼の奥さんはスノースクートにはまりつつあるのですが、マイスクートを持っておらず、今度伊田選手のお店へ行く約束をしていましたので、スクート2台買っちゃいそうなので、伊田選手もうすぐ儲かりますね。

仕事というものは一人だけでは成り立ちません。需要と供給、そして自分の持ってないものを補ってくれる人脈が大事という一例でした。

今週は借り物のPCで更新しております。

我社から最も近いサス屋さんのBLITZ・SCHNELLでフォークスプリングの試作を依頼しました。

同社は(株)ショーワと取引されているので、非買品のパーツを頼める心強いショップです。

CIMG2561.JPG

 

5月に動作確認のため試走した2WDのフロントフォークに入れ換えるためのスプリングです。

この2WDはフロントの駆動系だけで10kgの重量増となっており、ノーマルのフロントフォークでは性能不足は明らかでした。

操舵系の等速ジョイントのベアリングホルダーがボトムブリッジに衝突するため高速でギャップを通過するときに危険な状態になるため、なんとか改善したいと考えてフォークスプリングの強化を計画したものでした。

 

CIMG2727.JPG

このマシンは月間ガルル1992年1月号に試乗インプレッションが掲載されていましたので覚えている読者も多いのでは。

開発者の吉田さんと打田編集長が仲がよく実現した取材だったと聞きましたが

雑誌では取材協力者の不利になることは書けないので、記事の中ではフロントサスやハンドリングの問題点は濁して書かれています。

只、これからの改善すべき課題とだけ書いてありましたが、譲り受けた私が改善の続きを行うことになろうとは、当時からすれば夢にも思わないことだったでしょう。

2WDが実用化されない理由が試乗することで分かった気がします。先ずハード路面のオフロード走行には適しません。スタックする路面やグリップの悪い登坂においては1WDを凌ぐはずですが、普通のギャップ走行で、乗り手のテクニックが必要になってくる上、製造コストが増えるということで、メリットが少なかったことによると思います。それでも保存する上で少しでも走行性能を向上させたいというのが技術者魂ではないでしょうか。

 

CIMG2726.JPG

下がノーマル(若干ハードスプリングかもしれないが履歴が不明)

上2本がBSさんからショーワ関係の試作屋さんに頼んでもらったハードスプリング。

当初は88年式のCR125のオプションで出ているハードスプリングに取り換えようと安易に考えましたらスプリングの外径がφ37でCRMのインナーパイプに入りませんでした。

CRMのスプリング径はφ35なのです。88CR125のハードスプリングはホンダの最後の在庫でした。ほしい人があれば安価でお譲りします。

 

従ってCRMに装着可能なφ35、L=530mmで最大限度のバネ定数ということで依頼しましたら、15%増しのバネ乗数で仕上がってきました。

スプリングのデータを参考までに記します。

ノーマル K0.487 線径φ4.82 外径φ35  ピッチ12 巻き数42  L530

ハードSPG K0.560 線径φ4.8 外径φ35  ピッチ14 巻き数36  L530

88CR125ハード K不明 線径φ4.7 外径φ37 ピッチ12 巻き数41 L514

CR125のバネ定数はパーツリストまたはSマニュアルに記載されています。

材料の熱処理状態が不明で縦弾性係数の数値から計算で求めることができませんので、バネ定数は、ばね試験機で圧縮して、荷重と変位のグラフから読み取る方法で計測します。

15%のバネ定数アップで10kgのバネ下重量に対応できるかどうかは次回(たぶん来年春)の動作確認のときにテストする予定でいます。

先週末からパソコンが故障して電源も入らない状態になっていますので、メール送受信は不可能です。

現在PCdepoにてハードディスクからデータを取り出す作業をしてもらっています。

復旧までに1週間程度を予定しております。

なのでパソコンが復旧するまでメールでのお問い合わせに時間がかかると思いますので、お急ぎの方は電話(049?271?4898)におかけください。

またデータ取り出しが不可能の場合も考えられますが、先週までのご注文の内容はノートに書き控えてありますので荷物発送には差し支えないですが、発送前の連絡はメールできない可能性もありますので、なるべく電話で発送の連絡をするように致します。

 

台風18号が通り過ぎた月曜日の午後、現場が休みのこのときしか空いていない山中土建さんが道路整備にきてくれました。

CIMG2713.JPG余分な泥を削って平坦にしていきます。

ブル押しだけでは泥が横に逃げてしまい平にならないそうです。

ショベルで泥を中央に集めながら運んでいくテクニックはさすが本職です。

機械を使って仕事する人は道具の使い方のセオリーを知った上で扱うので、上手くできるのだと思いました。

溶接や金属加工も同様に、使い方のセオリーがあって形が出来てくるものです。

 

 

CIMG2715.JPGエンジンのOH依頼がきています。

普段は金属加工で切り粉や粉塵が舞う工場なので、夜の仕事です。

バックオーダーの予定には支障ありません。

 

 

 

 

 

 

CIMG2725.JPGフロントフオークのOH中ですが、これも夜の仕事で予定に支障ないようにやっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2721.JPGこれは、出来ているのですfが「ゴム忘れ」のため発送できないでいます。

部品入荷次第、梱包です。

 ゴム忘れの・・・・

 

大体ですが6月中にご注文の品物は今月中に終了予定です。

7月にご注文の品物は10月に製作という具合に推移しています。

人気店ではバックオーダー1年待ちもあるらしく、我社は供給早い方ですね。

レース関係は相変わらず間に合わせることが難しい状況です。

 

CIMG2720.JPG猫がニャー(訳、何か食いたい)と言うのでネコ元気を皿に入れてやると、においを嗅いで「これじゃない」と言いたげに立ち去ろうとするので懐石を入れてやると、二匹とも食事に取り掛かりました。

この子らは美味いもんしか食べないのですよ。参ったなー 

 

 

 

 

 

CIMG2722.JPG

CJ360ですがタコメーターのランプが球切れで暗かったので、わざわざ鴻巣のハラグチさんとこへ電球を買いにいきました。

実は若いころからオートバイで夜ツーリングするのが好きだったもので、暗闇ではメーターがお友達なのです。

モトクロッサーはスポーツ器具、オートバイは乗り物、どちらも人生を充実したものにするための道具だと思っています。

何故、夜走るのが好きかといいますと、

学生時代はバイト先への往復、交通量ゼロの夜の峠道ばかり走っていましたが、原点は中学時代の就学旅行で京阪神へ行ったときです。バスの車窓から見える近畿自動車道路で発見した白バイがGT380で超カッコよく見えてバスの中で「うおおおおー」と絶叫していましたら、ガイドさんに叱られました。

帰りの大阪南港へ向かう高速道路の夜景が綺麗で、大人になったら免許取って夜の高速道路を走るのだと漠然と誓っていました。(頭の中では、ミュンヒ4 またはラベルダ1000に乗っている)

未だに大阪の夜景に溶け込んで走りに行く夢は叶っておりません・・・・

だから、せめて自分のオートバイはあの頃の76年式に乗っていたいです。

ついでですから、何故大阪やの?と言われそうなので説明します。

我ら四国の人間から見ると大阪は一番近くの都会、あそこに行くには宇高連絡船かオレンジフェリーに乗って海を渡らなければなりませんでした。東京じゃないんです、先ず大阪があるんです。

しかも小学校2年のときに行った大阪万博のショックが大きくて最も国際的モダン都市としての印象はあそこしかありませんでした。そしてオートバイに脳が犯され始めたあのころ、再び訪れた大阪は未来都市そのものでした・・・・・        只の田舎もんだっただけです。(今でもか)

側溝の蓋で詰めた右手人指し指が痛いです。病院へ行っても治るわけじゃないので骨の状態は分りませんが爪は死んでいます。内出血して盛り上がってきています。

CIMG2712.JPG

骨折や脱臼でなければ怪我のうちじゃないと言い聞かせて仕事は続けますが、グローブはめてオートバイ乗るのは辛いので今週末のレースはでません。

治ったらまた走りたいと思います。

 

 

 

 

 

5月に納品したDR800のマフラーのお客さんが素敵なプロジェクトを遂行しておられましたので拝見しましょう。

ちょいふるマシーンブログはこちら↓

http://www.choifuru.com/2013/09/04/dr800復活作戦-その26/#permalink

プロのオートバイ屋さんのような作業ぶりですが、別の職種の会社をやっておられます。

このプロジェクトに協力させてもらえて光栄に思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の家に引っ越してきて19年、当時は住宅に関する知識も乏しく、間に合わせの作業環境を求めて安易に決めた代償を払う時がやってきました。

CIMG2708.JPG

家を購入するとき、下水の設備を詳しく調べて検討する人はすくないんじゃないかと思います。

ここは家4件が並んだ路地に面して建っていますが、土地販売当時、とりあえず最低限の排水設備を設置したと考えられますが、今回これに悩まされました。

自宅の排水に不満は無いのですが、両隣りの家が排水溝のドブさらいをやると決めてきたので、業務が立て込んで時間が無いにも関らず、丸2日作業のため拘束されています。

ここの問題点は側溝が敷地より低く、30cmほど地中に埋設されていることと、勾配がついた先は行き止りになっていてヘドロが溜まり続けます。そして詰まって、定期的に空けてドブさらいしないと機能しなくなることです。大量の土砂をどかすだけで丸一日、小さいショベルドーザーで固い土は掘り起こしますが、殆どスコップ使ってハンドワークです。体中の水分が抜けて脱水症状になりました。

CIMG2709.JPG

そして2日目、側溝の蓋をあけました。分厚いコンクリートの蓋は30キロほどあります。今までで5本の指に入るくらい重労働です。なぜなら、両隣りはリタイヤした高齢者なので力仕事は私の役目です。

これからヘドロを掻きだします。

20年間溜め続けたという悪夢のような泥です。

エアクリーナーの洗い水やオイルや泥で汚れたオートバイの洗車水、汚い水をどんどん側溝に流してきましたが、溜まったヘドロを掃除するのは結局自分しかありませんでした。こんな作業に2日も時間を取られ、疲労困憊し、最悪なことに、側溝を蓋するときに右手の人指し指を詰めてしまって言うことを聞きません。ジンジンと痛みに耐えながら、日曜日にマシンを取りにくるお客さんとの約束を果たすために、早朝深夜へと業務は持ち越されるのでした。

CIMG2710.JPG

土曜日中には土砂は埋め戻しましたが、天候が良くないため、道路の状態がよくありません。これではお客さんに来ていただくわけにいきません。

山中土建さんに重機で道路整備をお願いしようと電話してみましたら、ご子息のレース参戦のため名阪スポーツランドへ行かれているということでした。

1週間ほどはこのような状態で我慢することにしました。