2018年4月アーカイブ

量産の定義に明確な数はありませんが、一日の生産数が100個以下は量産と呼べないでしょう。
(小ロット生産といいます)
4輪なら一日2000台の完成車を作るために、エンジンはもちろん2000機生産するのですが
足回り部品は毎日8000個生産しないと間に合わないことになります。
これだけの数生産すると全数合格するわけではないですから、不良品もあわせるともっと大量になります。
最近夜の仕事しながら思っているのは一個のマフラー作るのに何日もかかっていたのでは、到底仕事とは言えないわけであります。
やはり大きい会社で働いて、空いた時間に好きなことするのが理想的な生き方だと思いました。
しかし、品質の安定化や省人化の目的で金型使っているのに、やはり大勢の人の労力を借りないと
仕上げや出荷ができないのですから
「近い将来製造の現場から人がいなくなる」と言った経済学者さんに是非製造というものを体験していただきたいものです。


CIMG6970.JPG

10時ー15時の時間帯でも少しずつ出来てきました。

今週は#1シリンダーのチャンバーができました。
サイドスタンドの内側を通してありますので
バンク角は十分でしょう。









CIMG6971.JPG

すでに2本揃ったところで、残るは#3側のエキパイを中央に回して、2本の下側に持ってこようと考えています。

会社の方は9連休なのでGW中に完成するのではないかと思います。



連休の予定は、レース1回、モトクロス練習1回の他は仕事です。



起業の動機は、アメリカで125クラスのチャンバーとサイレンサーセットで100ドルで買えると聞いたとき、同じ商品が日本では3万、4万と値段が付いて売られていたことで
素材から作ればアメリカ並み(人件費が違うのですが)の価格で作れるんじゃないかと考えたことでした。
結論は日本の物価や生活水準ではシングルのチャンバー2.5万円で売っていては利益が出せないということになりました。
いつまでも赤字部門抱えていては破綻すると思い、一定の給与を確保したうえで、これまでの商売を維持していくことに方針転換したのでした。
そして、先週までは1勤の時間帯で派遣先の企業で働いていましたから、夜7時ころ帰ってきて2時間くらいしか進まなかったですけど
昨日の日曜日に少し進展したのがこれです。

CIMG6969.JPG

トリプルチャンバーなので3本とも違う形状になりますから
3型作らなければなりません。

最初に中央の#2シリンダーから決めていきます。
これが右側に出てバンク角を稼ぐ位置に置いた状態で#1シリンダーを真ん中通しで
作って
#3シリンダーはエキパイをクロスして
サイドスタンドの内側を通す構想でおります。




今週以降は希望通り2勤の時間帯で派遣先に出勤しますので
終了は夜中の2時で帰宅して3時になります。
こちらの仕事は営業時間、午前10時から午後3時まで5時間くらいできますので
従来の半分くらいのペースで進行できると思います。
当面はバックオーダー優先で6月末くらいまでかかる予定です。

ここの記事を読んで事情を察していただいたお客さんから「いつまでも待ちます」ということで
ご注文いただいてますが、予定どおりやっていきますのでご安心ください。



今月から新体制になりますので、その連絡です。
私事ですが再就職のため、これまでの仕事を大幅に縮小することにします。

雇用先の守秘義務がありますので具体的には明かせませんが
生産計画によって勤務時間が変わりますので、こちらの業務時間も変動することになります。
当面は1勤の時間帯で終了時間が4時、残業で最長7時になりますので
残業の無いときに帰宅してから3時間程度の進行になると思います。

希望は2勤の勤務なのですが7月以降からということで
2勤に移行すれば、昼間5時間程度の進行ができる見込みです。

「会社員に戻るならホンダを辞めなければよかったね」と言われそうですが
お金で買えないものが得られたと思っていますので(経験、人脈)
正社員続けていては絶対に得られてないはずのことなので、全く後悔はありません。
そして、これからも作り続けていくことなので、新たな経験ができると思って楽しみにしております。

CIMG6968.JPG

先日お持ち込みいただいたGT750です。

全ての部品に手が入った美しい車両です。
使用中のチャンバーが路面に擦ってしまうので
新たに作るという依頼を受けました。
しばらくは牛歩戦術になりますが
出来るまでお待ちいただけるそうなので
最優先で進めてまいります。

全体にバフが掛かった仕上がりのエンジンですが、ケーヒンPWK3連装やFCCクラッチなどニューパーツ盛り込まれてポテンシャルが高そうなので、ヤル気にさせるマシンですね。

今回は初めて作る、とっつぁんバイクのマフラーです。
とっつぁんバイクにはモナカがよかろうということで左右2枚合わせのパイプを作ります。

CIMG6960.JPG

金型はありません。
ハンドワークでこしらえました。

大雑把に説明しますと
丸パイプを作ってから
縦に切って、潰した格好です。

これをTIGで張り合わせてマフラー本体ができます。







CIMG6961.JPG

エキパイは手間げ。

前側から決めて、マフラーの位置を検討します。

足元がマフラーに当たらないように
丸パイプではなく平らな断面にする必要があります。







CIMG6962.JPG

マフラーをなるべく内側に入れたいのだけど
結局、リアショックの外側へ伸びているので
ケースカバーよりは外に出てしまうので

足の当たるところはヒートガードも付ける必要がありますね。









CIMG6963.JPG

オーナーのシマダさんの依頼で
ノーマルは右ダウンマフラーのところを
左ミドル出しマフラーに変更することにしました。

スクランブラー仕様にするので
ダウンマフラーでは轍にヒットすることを避ける目的です。

まだマウントステーが付いてないので
マウント出来たら試走してみたいと思います。





CIMG6964.JPG

どうも気に入らないんで
エキパイ曲げ直しました。

これでマフラーがケースカバーから
出てないので、モトクロスブーツなら
ヒートガードも必要ないくらいに収まりました。








CIMG6965.JPG

マウントステーも着いたので試走してきました。

マフラーの後部はノーマルを参考にサイレンサー内臓されているので
さほど爆音ではないですが2ストらしい
カン高いエキゾーストノートになりました。

ロータリー式4速なので、1回踏み込んで
ローギヤはリターン式と同様ですが
セカンド、サードと踏み込んでシフトアップする逆パターンなんで慣れが必要ですね。

特に4速の次がニュートラルで
その次がローなんで、スピード出して間違えると悲惨なことになります。
パワーは90のビジネスバイクなんで期待しませんが、スムーズな回転上昇で、なかなか小気味よいです。

CIMG6967.JPG


ヒートガード付けました。
これでブーツのホールド性がよくなっているはずです。








これにて完了。