コース刈藪

今日は草刈り助っ人が来られてお手伝いいただきました。
CRMチャンバー購入いただいたお客さんで化学メーカーのエンジニアをされていると聞きました。
おかげで刈り払いが大幅に進んで、ミニコースできちゃいました。

IMG_0331.JPG

一人では今日中に道がつながっていなかったでしょう。
午前中から昼過ぎまで作業して
8割くらい刈り倒せたので
お客さんには申し訳なかったですが
志願されてきたとはいえ、重労働なので
お礼を言ってお帰りいただきました。

さて、今回試走に使うCRF150R

なにやらハンドル付近に装着されているものがあります。



IMG_0332.JPG

GPSラップタイマーです。

周回するコースのスタートとゴール地点
(この場合は同じ位置)を入力すれば
最高速と平均ラップタイム、ファステストとスローエストと全ラップタイムを表示します。

走行距離を測ろうと思ったのですが
平均スピードは表示されないので
1周の距離は換算はできません。

因みにショートコースの最速ラップタイムが22秒30(短っ!)

当初上り坂を使ったヒルクライムとダウンヒルを織り交ぜるつもりだったのですが
雑草の多さに断念して、敷地の半分くらいしかコースを取れなかったのです。

IMG_0334.JPG

分かりにくいですが、ドロップ・オフのあと
フラットな左コーナーがみえます。

コース取りのため、イン側の草をわざと残してあるのです。

IMG_0333.JPG











ミニバイクで走るには十分なコース幅

固めの路面ですが刈り倒した草が適当なクッションになったグラストラックのようです。

レイアウトは如何様にも作れるのですが
まだ定まってない感じです。






IMG_0337.JPG

冬になったら斜面の草が枯れるはずなので、年明けにヒルクライムルートを開拓したいと思いますので

今回はここまでです。

草刈りの目的は土地の管理のためです。
放っておいて藪にしておくと
植物は際限なく伸び続けます。
隣の所有者にも迷惑になるだけでなく
自分が入れなくなっては管理しているとは言えないでしょう。

オートバイを走らせるのはタイヤで踏みつぶしておいた場所だけは生えてこないのではないかという試みです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/897

コメントする