火縄銃

1543年以前、日本はネジという概念を知らない民族でした。
人類に初めて螺旋という記述が現れたのはBC300年ころ、アルキメデスの揚水ポンプとされています。

それはミレニアム中頃のこと、ポルトガルの商船が種子島に漂着したことで始まります。
島の当主種子島時尭(ときたか)が2000両の金貨を払って2挺の火縄銃を購入しました。
1挺は実用のため、もう一つは解体調査のため。
任命された刀鍛冶八坂鉄兵衛は一年後に火縄銃を完成させるも、数回発射すると火薬が不発になる不良品でした。
オリジナルは銃身の後ろに尾栓というネジでフタがされていて火薬爆発のススが溜るのを、時々外して掃除するためのものでした。
八坂は、このネジの作り方が分からず鉄棒を焼き嵌めしてフタにしたので、ススの掃除ができなかったのです。
困りはてた八坂は碇泊中のポルトガル人に貢ものを差し出す決意をしました。「いやじゃいやじゃ、助けてけろ」と懇願したかは定かでないが、娘を嫁にやるかわりにネジの作り方を教えてもらうように頼みました。喜んだポルトガル人は大陸へ戻り、鉄砲職人を連れて戻ってきたのでした。
律儀な外国人です。娘をもらったお礼に約束を果たしたのですから、野蛮人なら娘を手籠めにして約束など反故にしたかもしれないでしょう。
それなのに娘を不憫に思った八坂は「病死した」とウソをついてポルトガル人から娘を取り返してしまった。ネジも分からん日本人より西洋の青年の方が案配がよかったかもしれないのに身勝手な行動のおかげでネジの作り方を頂戴したわけであります。

その後、この殺傷力高い武器製造は急速に広がり、およそ40年後の関ケ原合戦のころは8万挺拵え、世界の銃器の50%を占める銃保有国になっていたそうです。

IMG_0210.JPG

猟友会に所属する先輩が趣味の火縄銃を持っており、消耗部品の加工を頼まれました。

わしゃ火縄銃なんか知らんわい。
お断りするも熱意に押し切られ渋々
加工しました。

雨覆いという部品
火蓋を閉じたときに擦れる部分が摩耗しています。
おそらく火蓋が固定されずプラプラ開閉してしまうのでしょう。

下は真鍮のフラットバーからフライス加工した部品。
当時の製法は出来ないので持っている限りの知識で模造しました。
真鍮の製品は中世の日本でも刀の装飾に使われていたようなので、精巧な加工技術があったようですが、私は工作機械使ってこの程度です。

IMG_0208.JPG

火蓋を切るという言葉はこれに由来します。

画像は発射直後でしょう。火縄が爆風で外れています。

火蓋は切った(開いた)状態になっています。
その内側、銃身に沿ってとりつけられた板状の部品が雨覆いです。

構造上、火皿に雨などが当たり濡らしてしまうと火薬に着火しない=敵に殺されるというわけで重要な役割であったでしょう。



もう一つ修理依頼された部品は尾栓です。
日本人が初めて目にしたネジです。
当時の製法は文献によると、鍛造で拵えた鉄棒に適当な斜度で糸を巻き付けて印しとして、
やすりでネジ山を削って作ったようです。
銃身側の雌ネジは穴の部分を赤熱してネジを差し込み、ハンマーで鍛錬することでネジ山が転写されて出来たものだそうで、当然加工精度が悪く、他のネジとは互換性がありません。
即ち、銃一挺に対して専用部品だったのであります。
西洋では既にハンドタップを持っていたらしいので同じネジの製造が可能だったようですが、日本の工業技術は鍛冶屋が最先端だったのであります。

IMG_0212.JPG

これが尾栓です。

現代のネジ規格ではないネジ山が施されていて、
先輩の持ってきたものはネジ山が摩耗して
爆発の圧力で抜けてしまうというものでした。

ネジ山を肉盛りして削ってはどうかと
恐ろしい提案をしてこられるものですから
銃身にヘリサート加工して現代の規格ネジに変更した方が楽ですよと言っておきました。

大体、雄ネジ肉盛りしたいい加減なネジ山を作ったとしても雌ネジも摩耗していることを考えると完全修復するためには両側のネジ山が形成されるべきと考えるのです。
因みに尾栓や銃身の金属成分を文献にて調べますと0.01%程度の低炭素鋼で、軟鋼の部類ですね。
金物屋的にいうと生材です。
明治維新以前の製鉄は100%たたら製鉄しかないですから、木炭火力で精錬中に含有した炭素が、加熱鍛錬中に脱炭した結果の炭素量なので調整された成分ではありません。
現在の炭素鋼やクロモリ鋼の調質に比べると圧倒的に耐摩耗性に劣ると考えますので
使い勝手も考慮すると現代の規格に置き換えた方がいいじゃないかと思います。

IMG_0214.JPG

尾栓のネジ実測でφ14くらいなので

M14のピッチ1.5か1.75の標準ボルトが
安価に入手できますので

ヘリサートタップとリコイル購入すれば
割りと簡単にいけるんじゃないかと思いますね。

オリジナル品は記念にとっておけばよろしいかと思います。
(誰も見ないところだからね、実用性重視で)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/884

コメントする