ある休日のこと

今日から二つのことをやめてみました。
一つは油圧クラッチ、もう一つはアンコ抜きシート。

IMG_0152.JPG
今日はしどき、私以外の4台はCRF450ばっかり。
元全日本A級,B級ライダーのグループとご一緒なので私が一番ペーペーの元田舎B級でございます。

油圧クラッチは遊びの調整が分かりずらくて前回のレースでエンストさせてしまって
同じミスを無くすためにワイヤーに戻しました。

シートの方はアンコ抜きの方が足つきはいいのですがそれ以外がダメで
まず尻が痛くなる、シートの前が上がっていてコーナリング中に前へ乗れない。
ノーマルシートはフラットなのでタンクの上まで座れるのでステアリングが近く、体重移動の幅が増えます。
当然足は届かなくなりますので、乗り方のテクニックが必要になります。
スタート時は踏み台を使えば問題ないですが、踏み台無いところは、片足ついてシートを跨げません。
そこで、必ず乗るときは車体左から乗ります。跨がないでシフトペダルを踏めるからですね。
そして左足をステップに乗せた状態でクラッチミートと同時にシートを跨いで乗ることです。
こうすることで足がつかなくても走り出せます。止まる時は足をつく方に腰をずらしてから足を出す、というセオリーを守れば立ゴケすることはありません。

IMG_0153.JPG
そしてハンドルは19年からレンサルのファットバーが標準になったのでハンドルポストごと19年モデルに交換です。
18年の標準バーとの違いは高さが10mm低いだけで絞り形状は同じです。

ハイ・シートと10mm低いハンドルで
ライディングポジションが腰高な感じになりましたが、今までのが低かっただけですから
直ぐに乗りなれました。

ここ、しどきはレンタルバイクを中心に営業しているのでスピードアップを目的とした現役ライダーはお断りしているそうです。

初心者の体験走行やレンタルのお客さんや我々シニア層のライダーに向けてのサービスを目的としていますので、施設が充実していて快適にモトクロス・ライフを味わえるのです。
しかもコースは全開で5速まで入るストレートが何か所もあって、コース整備も完璧なので全日本コースよりも安全にスピード出せます。
なにより競争しないで自分のペースで走れるのが一番いいと思います。


IMG_0155.JPG

朝から大型バイクの集団がやってきて
私のクルマの隣に並んで停めていました。

BMW1250RT
これはピンクのシートレザーが示すように女性ライダーが乗ってきました。


横浜や多摩ナンバーが確認できましたので
朝集合して福島ツーリングの最初の目的地はレンタルバイクでオフロード走行という
メニューなのでしょう。



IMG_0154.JPG

BMW K1600GT 並列6気筒
これも女性ライダーが乗ってきました。
全車大きなサイドボックス付きで、お泊りツーリングは明らかです。
オフロード走行は午前中で終了して、
次の目的地へ出発していきました。
彼らにとってオフロードとはアドベンチャーの一環で、ツーリング先のコースへ手ブラで行って体験するものという認識なんですね。


では私にとってのオフロードは
人間の細胞の再生回数に限りがあるため
無駄に再生修復させないために
(無限に再生することは不老不死ということ)
使わない神経細胞は不必要と判断して稼働を抑制させようとする人体の機能があります。(不要な部分を退化させる遺伝情報)
そのため、オートバイに乗らなかったら反射神経や運動能力が低下して運転が下手になっていきます。
その下手になっていく現象が老化そのものですから、そうなることを食い止める運動をすることが
オフロード走行する理由です。
2輪は生活していく上で4輪より効率のよい移動手段であると信じているので
老後も無理なく2輪に乗り続けていたいと思うから安全なオフロードで練習するわけですね。
これからも時間が許す限り続けていきたいと思っています。





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/881

コメントする