バッタもん その2

国際A級ライダーYT部さんが置いてってくれた中古マフラーが、自分の構想に合うものだと
思ったのでZX10Rに付けてみることにします。
新に作ろうと思っていましたが、バックオーダー溜りすぎで夏ころ着手になりそうでした。
ジョイントとマウントブラケット作れば取り付け可能なので、これなら半日あればできます。

IMG_0148.JPG

これは貰った汎用マフラー

メーカー不詳
適合車種不明

重量はノーマルと同じ2.0kg

小さい割にはちょっと重いが
丈夫そうだ。







IMG_0146.JPG

ノーマルエキゾーストとマフラーをジョイントするパイプを製作。

φ50.8チタンパイプを拡管し
斜めカットして繋ぎました。








IMG_0147.JPG



マウントブラケットの取り付け位置が
全然合わないので

マウント・アダプターをフライス加工して
作りました。

この二つのパーツで汎用マフラー取り付けできます。








IMG_0149.JPG

取り付け完了です。

半日作業でした。
全部作るより大幅時間短縮です。











IMG_0150.JPG

最近パイプエンドが丸くないのが多いです。

凄く手間が掛かってますね。
丸パイプを潰して成形しているので
排気を絞る役割をしています。
排圧による風切り音が発生するので
丸い出口とは違う音色になるはずです。

ノーマルの出口も、このような異形パイプでした。

多角形断面に合わせたデザインという意味が大きいでしょう。

ノーマルマフラーは横幅が大きく転倒すると確実に凹む形状なので
傷物にしないようにノーマルは取っておいて、実走には汎用マフラーで行こうと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/880

コメントする