品質管理室完成車技術課

会社員時代、最初に配属された部署名。85から87年の3年間でしたが
埼玉製作所での2輪生産の歴史も同時に終わりました。
当時担当していた市販モトクロッサーシリーズ、KA3、KA4、ML3という機種で、車名が
CR125、CR250、CR500を同時期に量産立ち上げるための確認テストをすることが仕事でした。
実走耐久は別のグループが担当して、私は主にフレームやリヤフォークの単体耐久。
フレーム単体耐久とはヘッドパイプやリヤショックアッパーブラケットを剛性のある治具で固定し
シーケンス制御したソレノイドバルブを使ってエアシリンダーを作動させ、ステップを下方に引っ張り、加重を繰り返す耐久テストです。
入力の数値は実走応測で決めます。事務局が国際A級ライダーに連絡して雇い、桶川のモトクロスコースを走ってもらいました。フレームには応力の高そうな場所に歪みゲージを貼り、一回の計測で50か所くらい応力を測定します。
ライダーには当時は磁気テープでデータを収録するアンプ内蔵の特注レコーダーを背負って走っていただき
大ジャンプの着地など最大応力が発生する数値を再現した加重を台上でシュミレートして耐久条件としました。
社内の基準では100万回繰り返し荷重して亀裂が発生しないことを合格としました。
耐久終了後カラーチェックで亀裂の有無を調べ、もし亀裂が発生したならば、対策要求票を設計部門に送って設計変更の検討をするという流れです。
これを量産する前に確認して不具合を洗い出さないと、販売してから問題発覚することになるので重要な業務内容であったと思います。
86年からAMAモトクロスは市販車ベースのレギュレーションに(ワークスマシン禁止)改変されたので
私の勤務した工場からDベイリーやRジョンソンが乗ってAMAモトクロスを戦ったCRを送り出したことが、人生で最も充実した仕事の一幕ではなかったでしょうか。


その後、職場は4輪の部品品質係に移動となり、新機種プロジェクトや新工場建設プロジェクトを経て退職し、物作りの世界へ入ってきましたが、退職して28年、完成車技術課時代から34年経っても
モトクロッサーからは離れられませんでした。

IMG_0076.JPG

2019年MCFAJモトクロスシリーズも
今日開幕しました。

MCFAJは96年から走っているので23年も続けていますが、止めれない理由は全然納得いってないからですね。

最近は高齢化のため体力の衰えも著しいことは自覚していますが、なんとか衰えに歯止めを掛けたいという強い熱望からです。






MCオフビ第1戦 2 (2).JPG


オフロード仲間のサノさんやハセガワさんがスタートグリッドまで手伝いにきてくれました。
足届かないので助かりますね。

なんとスーパーベルレーシングのヤマグチさんまで
コース脇で確認できました。
大した走りはできませんが
強風のコンディションでこれが精一杯の走りです。
SEクラス16台中ヒート1、10位ヒート2、12位の総合11位という結果でしたが
老化防止が主目的なので、また次回頑張って走りましょう。






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/870

コメントする