ハメる、エンドパイプ

YZ250Fのマフラーですが、東北のモトクロスライダーさんからご注文でハンドメイドしました。

CIMG7127.JPG
18年型YZは16年ころから異形断面のパイプで、インナーパイプの位置や
8個のリベット穴を合わせるの難しいので

マフラー本体を送っていただき現物あわせで作りました。

リベットはやめてM5ビス止めに加工してあります。

リベット止めにする理由はメンテナンスしなくてもエンドパイプが脱落する可能性がゼロになることだと思いますが
グラスウール交換などメンテナンス時に煩わしくなりますね。

レーサーですから年に数回は分解する必要がありますので、簡単に分解組立てするためにM5ビスで締め付ける方法に変更しています。

CIMG7129.JPG

今回注文数2個です。

夜勤前の4時間くらいしか製作業務できないので1週間かかりましたが、2個で20時間くらいでした。

当然、予定の仕事は止めて専念してのことです。
納期未定で3か月も先では今シーズンのレースに使えませんからね。

一応、新規作成や緊急のご依頼には対応できませんことをお伝えしていますが
過去に何回もご注文いただいている常連さんなので特別な措置というこでご理解ください。

CIMG7130.JPG

バフ研磨して組付け確認し、作業完了です。

パイプエンドは消音や排気効率に影響する
重要な部品なので、オリジナル寸法で作っていますが内容は極秘です。

数量作る目的ではありません。
これを頼んだ人のメリットになればいいのです。







CIMG7122.JPG

先週のMCFAJ第6戦

前日までの豪雨でマディ確実と思って準備していましたが、当日は快晴で
午後から埃がたつコンディションでした。



午前中のソフトタイヤから
午後はミディアムに組み換えて走りました。

予想外に猛暑で熱中症になりながら
ヒート2走り終えたあとは両足がつって動けなくなるくらい消耗しました。

おかげで両ヒート出走16台中10位の総合10位という結果でしたがシリーズランキングも8から7へ上がってきましたので、諦めないで次回につなげたいと思います。

CIMG7126.JPGいつも激しい接戦で楽しませてくれるSE150クラスですが

序盤トップ走行の井上(山梨オートバッファローズ)を年の差30歳の大内くんが抜いた。

そのあとサイドバイサイドのバトルが続いたが、
マディー明けの少ない走行ラインを外してしまう痛恨のミスで井上に逆転を許した大内くんでしたが、熱いパワーライディングは勝っていたと思います。




CIMG7120.JPG

アメリカ練習、観戦帰りの伊田選手久々の出走でしたが
SE、GP混走レースで前走者の転倒に突っ込み、軽いけがだったそうで
そのままリタイヤされましたが

他人のミスにまきこまれても一切不平をいわないスポーツマンシップは、元全日本チャンピオンの貫禄をかんじますね。

63歳であんなに速い人を昔も今もみたことがないのです。(自分の中では国民栄誉賞だな)


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/840

コメントする