DT250チャンバー

私が最初に見たDTはモノクロスサス仕様だったので、ツインショックのDTは初めて見るもので
どこがオリジナルでどこが改造なのかも全然わかりません。
しかし、持ち込まれたノーマルらしきチャンバーを基に新作することにしました。

CIMG6951.JPG

タンクやシートは取り替えているらしく
こんなだったかな、くらいの記憶です。



さー、困ったぞー。









CIMG6952.JPG

サイレンサーもこれだったのか、
いや、そんなはずではない。

とにかくチャンバーのレイアウトはノーマルを参考にするということで
あとは、採寸して新型の展開図を作成してみることにします。









CIMG6958.JPG

途中は端折りまして、もう完成しました。

エキパイ形状はノーマル同様にして
後半の異形パイプ部分は
推定で寸法を決めてチャンバー作りました。

サイレンサーは支給された中古品を改造して取り付けることになります。








CIMG6953.JPG

どうだろう、これでいいかな。
特に問題点は見いだせないのですが
一人でやっていると思わぬ見落としがあるものです。

あとはエンジン掛かって走れればいいと思うのです。








CIMG6956.JPG

エアクリーナーはフィルターのみなんで

チャンバーの下側がスッキリしていますね。
この間のRHみたいな難易度はありません。












CIMG6957.JPG

これは見覚えのあるサイレンサーです。

NSR250に違いない。
フランジとパイプが冷間鍛造で一体成形されたサイレンサーの後ろ側を切り詰めて
フタを溶接しました。

左斜め出しなので、マウントステーも捻った取り付け位置になっています。







CIMG6959.JPG

ヒートガード(サイドカバー?)も取り付けました。
これあり無しでDTらしさが変わってくると思うのです。
付けない選択はありませんでした。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/826

コメントする