ドナルド・トランプが川越にやってくる!

本日最大のニュースは米国大統領ドナルド・トランプの訪日です。
なんと、安倍晋三首相とゴルフ会談を行う場所が
2020東京五輪の会場でもある川越市の霞が関カンツリークラブだということです。
マスターズ・チャンピオンの松山秀樹も同伴するということで
川越史上希に見るVIP・VISITということになりそうです。

ゴルフ当日は関越道川越ICから霞が関までの道路は厳戒体制がしかれ
大勢の警備員と白バイ、パトカーで騒然となるでしょう。
横田基地に空輸された大統領専用車「ビースト」が国道16号線から圏央道入間ICに入って
成田空港へ大統領を迎えにいくことでしょう。
圏央道も成田まで開通したから横田基地から成田空港は1時間ちょっとで行けるんですが
大統領専用機が横田へ着陸すればいいんですね。ソーカ・ソーカ!

そうすると、R16で川越まで走るので信号機全部青にしてノンストップでやってくるか、
一旦入間ICから圏央道通って狭山IC降りて、R407というルートかもしれません。

そんなアホな、ニホン着いて直ぐゴルフ行くわけないじゃろ
首脳会談か、天皇表敬訪問が先ではないか、身分の低い者にはわかりませぬ。


安倍さん衆院選勝ってよかったですね。



先月は天皇陛下が隣町の日高市にある高麗神社に参拝に来られました。
そのときの警備が半端でなかったこと。
圏央道の狭山ICから高麗神社への一般道が全て通行止め、信号機全部青にして
沿道は数十メートルおきに警備員を配置し、安全にご通行いただいた。

米国大統領の訪問となれば、天皇陛下以上の警備体制をとるでしょう。
なにせ北の最高権力者が敵だと名指しする2名が同時に
日付と場所まで予告して会うのですから、2名の敵を倒すには絶好の機会です。
おそらく特殊工作員が川越周辺に集結して指令を待っているところでしょう。

ここからはシナリオですが
警備が厳重な沿道からの攻撃は阻止される可能性が高いので、やらないでしょう。
おそらく警備が手薄な空からやってくると思います。
川越周辺は雑木林も多く、空き家などを借り上げて、容易に潜伏できます。
元々、よそ者の多い地域ですから怪しまれることもなく、遠隔操作で
360°カメラ付きのドローンを飛ばすでしょう。
最近はドローン捕獲用のドローンもあるため、最も高性能な機種で高速で一気に飛ばすでしょう。
そして標的は目立つ格好でSPに警護されながら、プレイに勤しんでいることでしょう。
武器は先日も暗殺に使用されたVXを使うと思います。
袋かカプセルに入れたやつを上空から落とすだけです。
地面で炸裂したカプセルからVXが飛散します。
あとはドローン回収するか、証拠隠滅のため時限発火させて終了です。

こんなことは警察も想定しているはずなので、史上最大規模の警備体制が川越市内で見られることになるでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/790

コメントする