チャンバー消音加工

いろいろな問合せがあります。
今回のはちょっと特殊なケースかなと思い投稿しました。

関東でも道路ではない山中をモトクロッサーで走行するためにナンバーを取得して
(中にはナンバー無しで)分け入ることがあるそうで、私は悪路が嫌いですから興味ないですが
目的は様々なようです。
純粋にスポーツ走行、狩猟や山菜取りの足代わり、林道ツーリングetc

メールで問合せされれば、よほど不法なことでない限り返信することにしています。
殆どの場合は面識の無い人ですから、なるべくこちらの考え方を理解していただくためです。

今回のケースはCR85なんだけど、民家が近いわけではないが山中で騒音を立てるのは気が引けるので可能な限り消音したいが、どのような方法があるか?
こういう趣旨の質問だったと思いますが
「そんなこと止めといてください」とか「レーサーはレーサーとして使ってほしい」
または「消音する方法は無くはないが、相当めんどうな作業だ」とか
余計なことはかかないで
淡々と消音加工について簡単に説明しておきました。
加工賃についても聞かれたように思ったのですが
新品のマフラー代より高額な工賃はいかがなものか、という意味で
「2万円」と書き込んでおきましたら、
「それでお願いします。」ということで結局、引き受けることになってしまいました。

CIMG6321.JPG


ノーマルのチャンバーは一枚板なので
2重にして、鉄板の響きを軽減する目的で
チャンバー形状の板をこしらえました。












CIMG6322.JPG

鉄板の内側にグラスウールを挟んで
溶接します。

全体の7割くらいの面積をツインウォール化しました。











CIMG6323.JPG

サイレンサーエンドにも
サブ・サイレンサーを追加します。














CIMG6324.JPG


溶接作業完了しました。

思った以上に手間がかかって
1.5日仕事でした。

音については
意見を述べただけで
消音加工を施した実績は無いこともお伝えしてありますので

どうなるかはワカリマセン。




CIMG6325.JPG


ラベルの文字

クワイエット・テクノロジー・・・(ゲラゲラ)
よういうわい











CIMG6327.JPG

見た目はどうでもいいですが

錆止めのため塗装しておきました。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/760

コメントする