悪魔の呪文

1978年ホンダ2輪車の新機種発表は忘れられません。
オートバイ誌の巻頭カラーページでCBX1000、GL500、XL250Sという
3機種同時ラインナップは、全く性質の異なる機種の開発製造を同時に行えるという
企業力の絶大さを表すものでした。
当時2輪部門の最高責任者、入交昭一郎氏の指揮により低迷していた2輪販売の世界戦略を打ち出した形でした。
新入社員のころ、鈴鹿サーキットの体育館に新卒400名を集めて取締役の式辞を述べられるために
ヘリコプターに乗って来場された当時副社長の入交氏でしたが、
配属されてから聞かされたのは、技師や研究員たちから「あれほど頭のいい人を見たことが無い」と言わしめる天才技術者だったということ。
その人が中心となって企画した、あの78年に発表された新車ラインナップなのだとしみじみ思います。

そのうちの一台GL500は当初純粋なロードスポーツモデルでしたが、同系統のエンジンで、後に
アメリカンとユーロという嗜好の違ったラインナップを発表したのでした。

そしてこれが2代目、アメリカンスタイルのGL500カスタムです。

CIMG6320.JPG

エンジン形式がホンダにとってもユニークで
モトグッチのようなV型2気筒、縦置きクランクのシャフトドライブ

ホンダとして初の水冷エンジン
OHVながら4バルブ/シリンダー
ボア・ストローク78×52というショートストロークエンジンはF1のV12気筒の2気筒分と同寸法ということで
500×6=3000ccですね。

画像のマシンはドリームE型を彷彿させる
漆黒に塗られた美車ですが
フルエキゾースト製作のためお預かりしたものです。
後日製作記を掲載予定です。

邦題「悪魔の呪文」
なんとかのナニナニという、当時流行りの、楽曲とは無関係なネーミングですが
先日FMで流れていて懐かしく思いました。
中学時代、カセットテープで聞いていたもんでした。

オランダのロックバンド、フォーカスは78年に解散していたんですね。
どおりで80年代以降見かけなかったわけです。

テイス・ヴァン・レールのKeyとフルート、ヨーデリングが異彩を放つ楽曲なのでよく覚えています。
Gerのヤン・アッカーマンはロックの本場、全英で3大ギタリストを人気投票で超えたことがあるアーティストでした。
これはカッチョいいわけです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/759

コメントする