低レベルな改造

ホンダのお膝元なのに低レベルな改造でメシ食べてる私ですが
工作する道具を持たないお客さんからすると、藁をも掴む思いで来るようです。
カネ次第で何でもできる世の中ですが、
普通は人並みな生活してオートバイなんぞに使える余裕はないもんです。
そんなことは承知の上での商売ですから、ウチでできることなら高いことは言わないんで遠慮なくご相談ください。

CIMG6292.JPG

どこやらのパイプ
内容秘密ですが
一部問題ありで、改造中です。
結構高額な商品ですが、
メーカーでは対応しないそうです。

エンジンも25時間でオーバーホールしないと壊れても知らないとわれます。
世界中で走り回って好成績は挙げていますが、モトクロスもロードレースやカーレース並みにお金かけないとまともに走れない世界になってきました。

すごく評判のECUメーカーがありますが
本体価格25万にセッティングサービス料
5万/1日では頼める人限られてくるでしょうね。年間契約は250万ですから普通の会社員では無理だと思います。
こないだも某H社の新車が走行4時間でクランクケース突き破ってバランサーでてきましたが
レーサーだから補償はうけられないんでしょうね。
恐ろしいことです。純正部品とはいえ不良品は混入することがあります。
仕様の問題で駄目な部品があるのですが、リコールにはせず内緒で設変される部品もあります。
怖いのは、お客さんが選べないので当たるか否かは運次第ということです。(滅多にないですけど
長いことやっていると何回か見ました)
07のリヤフォーク曲がる問題は私も当たりました。

こういうことをやっていては普通は疲弊してしまうので、日本では縮小モードですが
アメリカはやっぱりレースの本場です。
メーカーのサポート無しで販売店がスポンサーになって契約金(アマチュアのトップで2千万、プロなら億があたりまえ)レースの賞金も別枠で貰えるそうで、そこで活動するハードルは高いですが夢のある職業だと感じました。

フューエルインジェクテッド・CRF150も作ってしまうくらいエンジンパーツメーカーが揃っているんでしょう。(設計は2輪R&Dだと思います)
ホンダが全車4スト化した理由は排ガス規制をクリアする目的だったはず、
そのためにはFIと触媒コンバーターがなくては達成できないはずで
150のキャブレター仕様はいずれFIに置き換わると思っていました。
それの最終段階に入ってきたわけです。(フルモデルチェンジは近いですぞ)

私らは必死でやってもメシ食えなかったレベルなんで別の世界のことですが、裏の事情を聞いていると
下手な加工技術でも役にたてればいいかなと思いました。


CIMG6293.JPG
出来た。

何やったかは分かる人には分かると思います。
たまたま道具と材料があっただけなので誰でもできると思うんですが
メーカーさんは勿体ぶって対応しないんですよね。

口元の鉄の塊は内径のゲージです。
入ればOKってことです。

レースの話、日本で環境が整っていないから出来る子は世界へ出ていくんですね。
待っているだけでは何も来ませんから、
そして誰かが拾ってくださることになっているんです。
御目に適わなかったら実力がなかっただけということですね。
冷酷な現実です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/752

コメントする