言論は自由だ

最近、TVなどで加計学園獣医学部の件が取り沙汰されていますが
建設中の学園所在地は愛媛県今治市、あのような田舎の景色が毎日放送されようとは
思ってもみませんでしたが
誰でも知ってる、しまなみ海道から松山道小松ICを繋ぐ今治小松自動車道の山側道路脇がその場所です。
私の小松の実家からクルマで30分という近いところですが
いきなり田園風景の真ん中に高架橋の高速道路が出来ているのですからびっくりしましたが
その高架橋から僅か100mのところに工藤家の畑があります。
実は先祖の土地ではなく、電力会社に勤めていた父が市街地開発の情報を得て、購入しておいたのでしょう。
高速道路の用地買収で道路脇の住宅はすべて新築豪邸に建て替えられていますが
わずか100メートル外れて補償金いただけなかった父親の目論見は外れ
地元の農家さんへ米30kgでお貸ししている状況です。
土地成金などというのは運だけだと思うのですが、道路計画を立てる特権階級の人が自分や親族、友人に有利なように働きかけるということは世の常であります。
「総理のご意向」なる文書は特権階級の間で大金を動かす手段の片鱗を見るような気がします。

特権というほどではないですが、会社の業務上でしか知り得ない情報をペラペラと外部の人にしゃべる自動車会社の社員。
それはそれは饒舌に新機種や技術関連の話を素人さん相手に講釈するわけですが、
自動車会社には機密保持委員会があって機密漏洩の事実が確認されれば、該当する社員は配置換えされます。
正社員は、なにも新機種に関わる仕事だけではないですからね。
車体組み立てやプレス課、溶接課、鋳造や資材調達も立派な正社員の仕事なんですから、従業員規約を守れない社員はドシドシ移動されるべきです。

06年ころでしたが、今度4バルブの150が発売されるらしいという噂がでていました。
開発者だけでなく、部品メーカーや車体組み立ての現場には、それを裏付ける現物が存在したでしょう。
それを見た者は、お友達や知り合いに言いたくて仕方がない。
私は、その150を業務でみていると推察される人物に聞きました。「4バルブ、もうできているんでしょう?」
すると「私の口からは言えません」
はは?ん職務遂行して守秘義務を貫く気だなと感じ、質問を変えました。「いつ出すんですか?」
すると「今年末、07モデルですね」
150とも、4バルブとも言ってません。暗に発売時期だけを教えてくれました。
見事守秘義務を守りながら、来年モデルの購入計画を立てろという営業トークにしてしまったのです。
そして、まんまと引っかかって07CRF150Rの第一ロットを予約していたのでした。


CIMG6288.JPG

06年に150待ちきれずに作ったマシーン

CRF125F(仮称)
CR85デイメンションで
アルミフレーム製作し、前後サスペンション移植。
エンジンは川越のエンジン技師
シンゾーファクトリーさんから貸与
お家芸のフルエキゾースト

XR系空冷2バルブエンジンなら負けないはずです。
モトクロスに重要な車体とサスがレーサー同等ですからね。
実際のところは2ストレーサーの方が圧倒的に速いですが
MX408主催の空冷2バルブ限定のレースに出て楽しみました。
150が納車されたら、これは必要ないんで解体してスクラップ行きになりましたので、遺影ですこれは。

CIMG6289.JPG


これはもっと昔、01ころですから4ストの250も発売されてなかったです。

きっかけは上腕骨折れたので、レースはもういいかなって時に
4ストモトクロッサー作って遊ぼうと思いました。
MCFAJのレギュレーションでミニモトは
2スト85まで、4スト170までと書いてあったので170近くになるビストンサイズを探したんです。
4気筒の600か2気筒の400とか取り寄せて寸法測定して、ピストンリングは流用でしたが、TTRのピストンハイトに合わせたオーバーサイズピストンとスリーブを特注しました。
ボアの限界はシリンダースタッドではなく、タイミングチエーンの穴だったので、これを2mmほど残したボアでノーマルクランクの160になりました。
燃焼室とヘッドガスケット、クランクケース拡大、ピストンスカートがバランサーに当たるのでスカート加工などしてエンジン始動できるようになりましたが
問題があって2時間くらいの運転でエンジンが破壊されるので毎週エンジン全バラ、10回くらい組直したと思いますが、3回目のピストン破損で止める決心がつきました。
私費でエンジン開発など止めた方がいいことに気つきました。
圧倒的に資金力があって優秀な技術者が開発してくれるエンジンを安価に買うことができるんですから
ただ、それを待っていればいいだけなんです。
結局、4ストレーサーでMCFAJ挑戦は叶いませんでしたが、6年後に誰でも150で走れる時代になったんです。改造していた当時からすると夢のようなことです。

CIMG6291.JPG

当時の残骸は残してあります。

特注のピストンと
自作の強化コンロッド

明らかにコンロッドの剛性不足と感じ
SCM435素材を削り出し
ロックウェル硬さ55度に調質してもらった
力作でしたが
2度と使われることのないメモリアルになってしまいました。


今度なんしよかなー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/751

コメントする