MCFAJ第2戦MXV

我が家から最も近いモトクロスコースですが、苦手なコースレイアウトのため、ありがたくないんですが
経験を積むために出場します。(54歳なのにか)
レース前に、今年のエムシーは初出場の伊田さんに「同じレースで走ります」と挨拶しましたら
「お、張り合うつもりですか?いつでも受けて立ちますよ」とお返しになられ
いやいや、そういうつもりじゃなくて、「邪魔にならないように気をつけます」という意味でした。
前日には東希和レーシングOBの人達がコースに集まっておられ、市川哲也さん(元本田CE)のお姿も見えましたので、先輩のN口さんに「市川さん来てました」と伝えましたら
「カワサキの市川か?」と仰るので、どれだけ昔からモトクロス見てきた人なのかと思いました。
私の知る限りでは81年のレッドホンダミーティングの桶川で世界GPライダーのR・デコスタやA・マラーベに勝った二人の日本人ライダーの一人が市川哲也さんです。
ホンダに入社する前に東希和レーシングでカワサキに乗っておられたのは後で聞きました。

CIMG6087.JPG
電池切れで画像これだけです。

MXV苦手の理由はコーナーが狭く、
コースアウトすると復帰が困難なレイアウトのためアクセル開けていけないところです。
開けていかないと低速のターンになってしまうので重たい450の上に足が届かないので
完全に不利な状況なのです。

レース結果は、ヒート1下位グループで競り合いながらフープスの終わりでコース外に飛び出してしまい最下位からの追い上げで13位
ヒート2はスタート集中して中盤あたりを走行しながら段々タレてきて、終盤に上位グループにラップされるときに
伊田さんにオカマを掘って転倒してしまい、先日の挨拶したにも関わらず実行できなかった自分を責めながら12位でフィニッシュして、総合で16台中12位という順当な結果で終えることができました。
苦手コースが終われば、好きなところが続きますので、楽しみであります。

やはり月曜は体が痛い。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/727

コメントする