クラブマンMX第8戦川西

80年代から現存する関東甲信地方のMXコースはここだけである。
80年開催の全日本MXでは東福寺選手が全員ラップの偉業を成し遂げた場所です。
私は84年のノービス時代から走ってきた川西MX場ですが
土日共雨が降り続き、路面はヌルヌルの超マディーになってしまいました。

CIMG5798.JPG

アップダウンの多いコースレイアウトは走り応えがあるのですが
今日のコンディションはプレッシャー以外の何物でもありません。

気を抜くとどこでも転びそうな感じなんで
ドライ路面とは比較にならない集中力が必要でしょう。

案の定、私も両ヒート痛恨のミスで入賞を逃してしまいました。





CIMG5795.JPG

今日はこの登りが難所だったようで多くの選手がスリップして立ち往生していました。

勾配はきつくないですが粘土が滑る上にギャップで失速してリヤが横に流れていくので
渾身の開けで登っていくしかありません。
戻したら終わりです。









CIMG5796.JPG

スタートグリッドにつくGP、SEクラス

路面コンディション悪くても速いですね。

来年このクラス行けるのかオレ。











CIMG5794.JPG

結果ですが
EJ250クラス3位走行中
例の登りの手前の右コーナーで
うっかりリヤを滑らせて反対向きになって倒してしまい、再スタートに手間取っている間に3台パスされて6位。
EJ450は久々のホールショットで3周くらいトップで走れましたが、轍にフロントを取られて転倒、エンジンも止めてしまって再スタートできずにいると3台抜かれて4位。

情けない集中力の無さとチビ助が450駆るには最も過酷な条件だといえるので
リタイヤしなかったのが救いだと思います。

つくずく何も持ってない人だねオレ。ちょっとだけ持っているのは島国根性、四国人じゃけんね。
関東の人から見て愛媛ってどこにあるかわからない人が多い本当の話。
だから愛媛県人ではなく四国人と呼ばれたことがあります。

今年も残るは2戦ですが懲りずに戦いたいと思います。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/686

コメントする