スズキ・コレダ!

ホンダベンリー(便利)、スズキ・コレダ(これだ!)今となってはユニークなネーミングのオートバイです。
私、年齢がそれほどいってないので、コレダの実車をみたことなかったです。
今日が初対面なのに初めてビンテージエンデューロを走ることになりました。
普段やってないことがこれほど困惑する経験になろうとは、想像もしなかったことです。

CIMG5697.JPG

年式もわからないですが
聞いたスペックは最高出力4馬力。
あくまでカタログ上の最高出力ですから
実際に負荷を与えた回転域では半分も出てないんじゃないかという遅さ。

改造した4ストレーサーや2ストモトクロッサーにコケにされる体験も初めてのものです。

最大の苦難はロータリー式のシフト。
通常のリターン式とは違い
前ペダルを踏みこんでシフトアップ、
4速ギヤの次がニュートラルで
その次がローですから
うっかり加速中にローギヤに入れて急激なエンブレで肝を冷やすこと度々。
ロータリー式考えたやつは誰だ。こんなもん乗り辛くでアカンぞ。
ブーツでは踵でシフトダウンできないのでつま先でかき上げてシフトダウンなんで無理な動きで走行中に足がツッテ大変でした。

そんな不満だらけのコレダですが、3時間酷使しても熱ダレしないし(スピードでないからね)
無給油で走り切れる燃費のよさ。
さすが実用車!ビジネスバイク!

CIMG5699.JPG

空冷ツインショックだけのエンデューロ。

私の分野ではないので知らなかったですが
同じマシンが見当たらないほどユニークなマシンばっかりで、見ていて楽しいです。

今日は天気もよく暑さも30°手前くらいなので過ごしやすかったのが幸いです。

ロータリー式の50ccはここのセクションが一番憂鬱でした。
ギヤレシオが合わない(本能的にシフトダウンしたがる癖があって踏み込んでしまう)
焦ってシフトミス連発で大勢の邪魔になってしまいました。

CIMG5700.JPG

XT500も走る。

この人はKss(本田技研熊本製作所)から
朝霞に出張中のエントリーということで
HSRでエンデューロも主催されているそうです。
ちなみに朝霞はHGA
鈴鹿はSss
狭山はCss
真岡はMoss
栃木はHGT

私はCss車体品質課が最終職歴です。(91年)








CIMG5702.JPG


フラワーオートのKL250

ライダーはW1Sのモトクロッサーが愛車のコマキさん。
見た目のボロさはフェイクじゃなく本当にボロいのにちゃんと走るところがすごいです。








CIMG5707.JPG

そしてノーマル50ccの表彰式
コレダのオーナー、シマダさんが2位に入賞しています。(私が2時間担当しましたけど)

カメラ目線のIBレディーはいい子だ。
この暑いのにレザーのスーツの中はサウナスーツのようになっているはずなんですが涼しげな表情でプロなんですね。

うーたまらん




こんな感じのビンテージエンデューロでした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/667

コメントする