猛暑日

完全に体調を悪くしました。先週は腰痛で練習してなかったので土曜日午前中だけ乗っておこうとしたのが失敗の始まりです。
体質の問題だと思うのですが、暑い日に運動すると脱水症状になりやすい、というか必ず体調が悪くなっていました。
特に体温があがると脳も熱くなって頭痛がおきるのですが、熱で血管が拡張しますから常に頭痛状態になります。全身の機能がおちるのですが消化器も同様で食べ物は全部吐いてしまいます。

そういうわけで土曜一晩中、頭が痛くて寝てないし、吐きけで食べ物受け付けないので
睡眠不足と空腹のまま日曜のレースを走る事態になりました。

CIMG5664.JPG

そして気温35度の猛暑です。
立ちくらみと背中や脚がつりながら、なんとか乗っただけというレース内容でした。
両クラス16台中8位、今日はこれが限界
途中リタイヤも考えましたので我慢のレースでした。

他の人たちは何ともないのかな?

デカールのDUNLOPですが今回はBRIDGESTON履いています。
フロントは中古M203 リヤは新品X30
DLタイヤは販売店で購入していましたが面倒なので部品屋に注文しておけば翌日もってきてくれるので入手が楽です。値段も販売店と変わりません。
第一レースの450でまたスタート失敗しました。今年3回目なので真剣に原因を究明したいです。
オートバイは標準体型の人に合わせて設計されています。
私の場合は脚も短いのでステップとチェンジペダルの位置関係が普通の人に比べて一致してないと考察しました。
脚が長ければシートに着座して膝が曲がります。するとブーツも前傾してつま先がペダルの下に自然に入る形になります。
ところが私の場合は着座して膝の曲がりが緩く、ブーツが起きた状態になるのです。
そこでペダルが邪魔な位置になってつま先を外に向けてステップを踏むのですが
2速スタートでペダル下につま先を入れる動作でペダルを下げてしまってニュートラルになってしまうという現象です。
体型の問題で自然に操作できないのでやり方を変えてスタートに臨みたいと思います。
そして250クラスのスタートはつま先位置を意識してやりましたので失敗しなかったです。

猛暑に体調管理ができなかったことが悔やまれる先週末でした。(てゆうか体質だから無理だと思う)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/660

コメントする