2015ジャパン・マスターズofモトクロス

骨折受傷後、初レースとなります今回のレース。
激戦の50代クラスは現役時代からかなうはずのない先輩ライダーたち。
時代劇で言う斬られ役となってしまうのは確実なのですが、復活の標としては申し分ないと思います。

CIMG4873.JPG

50代クラスの大先輩チャンドラーさんの背中。

この人は85年くらいから知っていて、チームは浜松スクランブル、固定ゼッケンの6番でした。
一緒に走れるだけで光栄です。


82年型CR250Rに私は高年式の450で負けてしまいました。






CIMG4875.JPG

今日のゼッケンは46番
スージーディジットの特製ゼッケンは参加者全員に無料配布という熱の入れよう。

これで私も晴れてマスターズデビューということですか。










CIMG4922.JPG

これは雨がシトシト降り続くヒート2のスタートですが、左にホールショット男伊田さん。
右にツータイム125チャンピオンの川島雄一郎選手に挟まれていますが
実はスタート直後に泥を浴びるのはご勘弁を、ということで2秒くらい遅れてでました。

まともにやりあったら酷い目にあっていたでしょう。









まずは小雨降り始めたヒート1の動画をどうぞ
レジェンドライダーは伊田さん、唐沢栄三郎さん、川島雄一郎くんです。

原口さんとチャンドラーさんのバトルも熱いですぞ。

お次は小雨降りしきるヒート2ですが、私は午前中に腰痛が再発して止めたい気分でしたが、なんとか無転倒で走り切れましたので、良しとしましょう。
こちらも原口さんとチャンドラーさんのデッドヒートですぞ。

今日の路面は固めで轍こそ少ないですがヌルヌルのスリーッピー路面で気が抜けませんでした。
最期まで集中力を切らさないトレーニングになったと思います。

これにて今年のモトクロスは終了いたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/605

コメントする