スペアホイール

2輪で三つのタイトル(全日本MX125チャンピオン・DHワールドカップ50オーバー世界チャンピオン・ワールドベテランズMX55オーバー世界チャンピオン)を持つ男、伊田さんから電話でお誘いがありました。「スペアホイールは、もう組んだんですか?」
先月、納品で伊田さんのお店へ行ったときにDIDの強リムでスペアホイールを作る計画を話していたのを覚えてくださって、在庫のホイールを譲ってくださるということでした。

CIMG4137.JPG

伊田さんがサポートをうけているテクニクスで発売しているTGRレーシングホイールです。

モトクロス用のホイールは賞味期限が1年くらいだと思います。
今までの経験ではリムが歪んで、真円で無くなってしまうので、振れ取りができなくなります。
オートバイの回転部分はエンジンだけではありません。ホイールバランスが狂っていると高速回転では振動になってしまい、動力性能やハンドリングに悪影響を及ぼすものです。
そこで耐久部品であるホイールをスペアと交互に使うことによって良いコンディションを保つことがスペアホイールの目的の一つで、他にも急な天候不良に備えてマディー用のタイヤを履かせておくという目的もあります。
このホイールの長所としては
1)リムの強度が高い DID強リム採用
     
2)ハブの材質が硬い ノーマルが鋳造品に対して鍛造材料をCNC加工したもの

3)スポーク数が4本多い  スポーク張力が同等なら本数が多い方がリムのたわみが減少

4)ダブルバッテットスポーク 強度が必要な端の部分が太く、中間は細くし、重量軽減

5)スプラインニップル 通常の四角断面でなくスプライン形状なのでニップルを舐めにくい

6)カラーアルマイト 芸術性の高いカラーで存在感アップ

このようにメリットが多いレーシングホイールですが、デメリットもあります。
一つは重量アップ
  強度が上がっているので当然ですが
ホイール単体で、サイドカラー、ビードストッパー込みの重量比較です。
 
FR ノーマル 3.0kg    Rr ノーマル 4.0kg
   TGR   3.4kg       TGR   4.6kg

リアホイールの600g増がどれほどの影響か、ホイールの剛性の方が体感できると思います。

もう一つは値段

 前後セットで希望価格 117720円
    フロント単品     64800円
     リア単品      70200円
CIMG4138.JPG

ちょっと高級なホイールではありませんか。

ノーマルハブでスペアホイール組み立てればいいと思っていたのですが

伊田さんのお誘いでは
ビードストッパー、新品タイヤ付きで
前後ホイールセットが
〇万円というサービス価格だったので
これをお断りする理由が無かったということで即決しました。




CIMG4140.JPG

早速、練習タイヤに履き替えました。

全日本OFV大会の翌週が私のレースですから、こいつで来週練習に行って来ようと思います。

チャンピオンもお誘いしてあるので質の高い練習を期待しております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/531

コメントする