クラブマンMX

レースが楽しいと思いますか?おそらく楽しいと思っている人は勝っているからに違いありません。
レースで負けることほど惨めなことはありません。
しかし、惨めな思いをするのが嫌だから止めてしまうことは、唯敗者として終わることを意味します。
最大の目的は己を磨くことです。自分の技量がどのレベルであるかを見極める手段はレースするしかありません。その過程の中で培われることが人間を鍛えてくれると考えています。
実は何度も挫折して止めてしまったことがあります。
その都度、馬鹿らしいとか、他にやることがあるなどと、言い訳を見つけては逃げてきた気がします。
勿論、大怪我して身体的にも経済的にも困難になったこともあります。
それでも必ず復活して続けてきた30余年です。年齢のためか最近も体調の悪い日が続きます。
そんな状況でも2015年は既に2戦のレースを消化していました。

2015MC#2EJ450.jpg

いつも全員の写真を撮っていただいているフォトハンターさんの画像を拝借しました。

去年のエキスパートが廃止されジュニアと統合されたEJ450クラスは1戦が2位、2戦が5位と、まずまずの出足ですが
ポイントランキングが首位になっています。

MCFAJ参戦以来ポイントリーダーは初のことです。これを何とか持続することを目標にします。


2015MC#2.jpg

EJ250の方は2戦とも雨のレース。

マディーはヌルヌルの路面で無理な操作はできません。苦手なコンディションのため低迷しています。
1戦が9位、2戦が8位でポイントランキング12位です。
2戦で違う選手が上位入賞しているので、入賞しないとランキングが下がってしまうのです。
しかし、マディーのスタートは地獄ですね。
隣でライダーが転倒していくのをすり抜けながら、滑りをコントロールしなければなりません。これでも楽しいと言えるでしょうか?

去年昇格ポイント取ったら止めるつもりでした。しかし、親の入院や葬儀でレースどころでなかったので
全然目標を達成できなかったのです。今年は去年のやり直しというわけです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/517

コメントする