よくある問い合わせ

弊社電話番号は埼玉版タウンページに載っているためか、畑違いな問い合わせが多いです。
「パンクなんだけど、今日中に直るか?」
パンクだから当然自走は無理で、取りに来て直して持って来て、という意味です。
「バイクをお買い求めになった販売店に電話してサービスしてもらってください」
このようにヤンワリと回答すると
「店は近くじゃないんだ、オタクの住所が近いから電話した」
勿論、まったく知らない人です。邪険に扱ってはなりません。
知っている限りの近くのバイク屋の名前をお知らせしてお断りしておきました。

「バッテリーはありますか?」
上記同様、バイクの修理屋か部品商かと思われているのでしょう。
バッテリーを扱っているお店、ネット通販などの方法をお伝えしてお断りしておきました。

「タイヤはどこで買えるんですか?」
もう最初から、なんでも質問箱にされていますね。
バッテリー同様に購入方法をお伝えして、ついでに
「インターネットは利用されていますか?」
と聞いてみましたら、やってないそうです。バイク乗っている人の誰もがインターネット見ているとは限らないということです。無くても、ちょっと昔と同じですから大した不都合はないのでしょう。

「社外のマフラーですけど傷があるのですが、直せますか?」
これが一番、入念に説明するべき質問です。
第一に自社製品の仕事を止めて、社外マフラーの修理をする意義がどこにありますか。
本音は「捨ててしまえ」ということですが
困った人を救うということも人として大事なこと。
一応筋道を通して対応したいと思います。
「そのマフラーの製造元、または販売店に問い合わせてください」
殆どの場合、それをする前にこちらに電話されています。
大概は修理はやっていないといわれるか、メーカーが無くなっている場合もあります。
熱心なお客さんは、販売店で断られた上で再度電話してこられます。
そこで初めて「社外品を直して使い続けていただくメリットがこちらには.ありませんので
優先して作業することはできません。納期がいつになっても構わない、費用も掛かっただけいただくことになりますが、よろしいでしょうか」
という説明をして了承いただければ、修理品預かりすることになります。

CIMG3961.JPG

年内の外注めっき処理が完了しました。
なんとか頼まれてから3ヶ月でできました。

これで今年中にお客さんに発送することができます。
いつも余裕のないギリギリの日程ですが
最近は納期の約束をしないことにしています。
急いでやろうとしても突発の事故で遅れることもありますので、あてにされていて日程守れなかったら迷惑になりますから。
だから、現役のレーサーの人から「レースまでにマフラー作って」と頼まれても諦めていただくようにしています。

時間とカネにゆとりを持つことが、これからの目標ですかね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/498

コメントする