悪意

インターネット通販、ヤフオク、便利ですよね。自宅に居ながら注文できて商品が届く。
出店者は無店舗でもできる。決済もクレジットカードで集金する手間も無い。
一見メリットが多そうなネット販売に闇の部分があることは、周知の事実です。
弊社商品を代引きで発送すると、注文者の都合で受け取り拒否されたことがありました。
その場合は製作代金がもらえないだけでなく往復の運賃もこちら持ちで支払う結果となり、
損害になってしまうのです。これを回避するために代金振込み確認後に発送するようにしているのですが、「先に入金するのは怖い」と申されるお客さんがおられます。
過去に代金振り込んだら商品が届かなかったという経験があるそうです。
よく報道されている詐欺商法も横行しているかもしれませんが、その場合は出店者の氏名、住所、電話番号などが不明または虚偽でないと成功しません。
弊社のように本名、住所、固定電話番号を公開して詐欺商法は成り立たないはずです。
このスタイルで19年商売続けて来られましたので一定の信用は得られていると思っております。

CIMG3922.JPG
初めてのお客さんが電話でマフラーの修理を依頼してこられました。
内容はカーボンパイプを外してアルミパイプを巻いて取り換えると同時にグラスウールも詰め替えてほしい、というもの。

荷物を開けてみたら2本のサイレンサーのうち1本が、このように削れているのが確認できました。
「この蓋の部分を再生しないと組み立て不可能だが、アルミパイプ巻くよりこっちの方が手間が掛かる」
と連絡したら、費用が可算でもやってほしいということと、納期は急いでいないということで社外品ではありますが、修理承諾しました。

依頼者はヤフオクで落札して入手したそうですが、商品の画像にはこの傷の部分が写っていなかったということで騙された格好になっています。
その他の状態に問題がなければ入札金額が上がるでしょうけど、これは修理しないかぎりスクラップ、ゴミになるだけです。
片側はそのまま使用できるのでシングル用として考えれば役に立つでしょう。
この損傷を告知しないで出品することに悪意があります。
修理して使用可能な状態にしてから出品するという、あたりまえの善意を持った人だけが
商売をする資格があると思います。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/488

コメントする