お台場旧車天国&JMX

同じ日程で2輪のイベントをやるなどという、まるで無関係な人たちの集いですが律儀な私は両方に配慮を払っております。

ドロドロで足場の悪い、とてもスポーツイベントとは呼びがたいMXの方は自分で、旧車天国は旧車部に画像だけ取ってきていただきました。

PICT0213.JPG

昭和時代のクルマの展示会ですが、これらを再生、維持していくための、技術やノウハウが一同に会した場所だと想像します。

出展社は100社にも及びますので全部取材は不可能です。

SHIO HOUSEさんのCB400FOURを集中的にお見せします。

完全ノーマルの車体は408cc仕様だそうです。

まるで新車のような仕上がりです。

 

 

PICT0206.JPG

集合管やバックステップなどカスタムされた方は398ccだそうです。

408ccが発売された後、免許制度が改正されて中型2輪限定免許が設けられたので308cc版が作られたという、いかにも昭和なラインナップだったわけです。

外観はもちろんですがエンジン内部や電装、シャーシに至るフルオーバーホールの後の出品だと思います。

 

 

 

 

PICT0210.JPG

 

コレクションではなくて商品でした。

作業内容からすると納得の価格です。

 

 

 

 

 

 

 

PICT0212.JPG

 

ウーム、完璧。

今度実車を拝見させていただく予定です。

SHIO HOUSEさんは城北ライダースの吉友さんと高校同級生で、元ホンダマンということです。

 

 

 

 

PICT0217.JPG

ブリジストンのスクランブラーですね。

昔はこんなんで、河原走っていたのでしょう。

私も最初に河原で乗ったのはKM90でしたからこんなスタイルでしたよ。

 

 

 

 

 

 

では瞬間移動でオフビレへ

CIMG2797.JPG

IA250 ヒート1

まだ路面乾いていないですね。

ゼッケン07島崎選手、ドライコンディションなら速いはずですが、ここは苦戦していました。

うちのマフラーは大丈夫かな?

 

 

 

 

 

CIMG2810.JPG

IA450ヒート1はやはり、この人がトップ。

予選と同じ展開でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2804.JPG

昼休みに大きくコース整備されて難所は減ったとはいえ難コース。

IA450ヒート2はゼッケン6小方選手はこの位置から前の選手を全部抜いて、トップの成田に迫る2位チェッカー。

やっぱり強い

 

 

 

 

 

 

CIMG2813.JPG

今日は轍の走り方ばっかり見ていました。

私は30年以上MXやっていますが、まだ轍が上手くないんですよ。一生悩んで終わりますね。

 

しかし、この泥だらけのスポーツはエントラントや観客は忍耐力がなくてはできませんね。

そして20年以上ぶりの人に何人も会ってしまうのが面白いです。石神さん(鉄騎兵、岩田貞二の代役だった人)の近況も聞けましたよ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/358

コメントする