富士スピードウェイ

2000年にトヨタが三菱地所から買収して03年からコースの全面改修を行ったFSWへ行ってきました。MCFAJのロードレース開催日でしたが、レース観戦だけが目的ではありませんでした。

クラブマンMXも同敷地内で開催されていましたので、年3回くらい走りに行っておりましたが、改修工事でMXコースが閉鎖されてからは一度も行ってなかったので、どんな状態か確認することにしました。

CIMG0428.JPG

1.5kmという長いストレートの前に立派な3階建てのピットエリアが建っています。

グランドスタンド正面には大画面のモニターが掛かっていて裏のコース状況が実況されるようになっています。

当日は東富士演習場で富士総合火力演習ということで、過去最大規模の実弾訓練があったそうです。大砲80台、戦闘機30機で使用された弾薬は合計40t、金額3億2000万円が消費されたらしく、スピードウェイにも砲撃の音や振動が伝わってくるという独特の環境ですが、敷地内のドリフト練習場のタイヤの悲鳴やエンジンの爆音はそれをはるかに凌ぐもので、普段聞いているモトクロスの音は、静かなトレールバイクのようなものにかんじられます。これが本物のレース場の音です。

CIMG0429.JPG

10万人収容できるという観客席は向こうの端がみえないくらい広いです。トヨタがF1を開催する目的で本気を出して作ったことが伺えます。しかし、その影に潜んでいる問題は、コースのインフィールドにあったMX場の閉鎖でした。

80年代のMX黄金期は二度と訪れないということを、この施設を見て確信しました。

鈴鹿や桶川など日本のMXに無くてはならないはずのレース場が消滅しましたが、このFSWも重要な役割を持っていました。

クラブマンMXのエントリー台数は400台を超えていたのに、ここのレースが無くなったおかげで翌年から半数に減少し、最近では100台少し越えるくらいで、近い将来100台割れすることが予想されます。

トヨタはAMAのレースチームにはスポンサードしているのに、MXレーサーより何倍も高価なハイエースを買ってくれるユーザーには来てもらわなくていい、または同社の顧客の多くがMX愛好家であることを視野に全く入っていなかったということを示唆します。

その結果、何百億も掛かったであろうコース改修の末、レース日も空席だらけで、静岡、山梨方面のMXライダーの走る場所を無くしてしまっただけという現状が日本のMXの未来を暗示しているように思われます。

CIMG0432.JPG

レースの方は自分の体調が悪く、雰囲気だけ味わって、あまり観ていません。

そのかわり併催されていたビンテージミーティングを見てきました。

初めて見る珍しいオートバイの数々。

これはフジというメーカーのマシン。

フジは勿論、地元の企業で昔オートレース用のエンジンを供給したり、現社名は、あのHKSと変更しました。フジは戦時中中島飛行機の整備士だった人たちが、戦闘機からオートバイに転職して起こした会社です。

CIMG0430.JPG

CR110.ホンダの50cc市販ロードレーサー。

世界中に殆ど残っていない希少なマシンがここにありました。

しかも、このマシンのオーナーはもう一台持っていました。

 

 

 

 

CIMG0435.JPG

同じCR110のエンジンを載せたモトクロスマシンも作ったようです。

乾式クラッチやエアファンネルでも気にしない大胆さに敬服です。

カムギヤトレインでツインカムの50ccレーサーなど二度と作られることはないでしょう。なぜなら50ccのGPレースは無くなってしまったからです。

私はこのマシンを世界遺産に認定します。いつまでも保存してください。

 

CIMG0437.JPG

インディアン4です。1200ccということくらいでよくわかりません。他にも珍しいマシンが多数展示されていましたが、全部走れます。エンジンかけて駐車場をデモ走行してもらいました。

そして、オーナーの年代もそれにふさわしいもので、やはり人間は新しいものより自分と同じ時代を生きてきた物に愛着が沸くものだと実感しました。

私もそんな一台を見つけて共に年を取って行きたいと思います。

 

CIMG0443.JPG

サイドカーレースもあります。珍しいカウルはずしの場面です。91年ドニントンで観たヨーロッパ選手権以来です。当時はTZ750エンジンワンメイクでしたが、今はリッターバイクが全盛のようです。大会の規模もレーサーの数も本場ヨーロッパには及びませんが、こんな手作り感満載のレーサー作って遊べる余裕が羨ましい限りです。

今度はじっくり観にきますので、辞めないでがんばってもらいたいです。

とにかく、大企業のバックアップなしでは立派なレース場は生まれません。資本力では比較にならない個人商店で運営されているのがMX場の現状です。こんなところで格差社会を見せつけられたような思いです。自分は自分のスタイルで、できることをやっていこうと思います。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/186

コメントする