2011年3月アーカイブ

「これ直すんですか?」一応確認のため聞いてみた。そしたら「直したい」という答え。

「ものすごく大変だよ」と言うと、「いくらぐらいですか?」というので「普通の3倍くらいかかるよ」

と答えたら、「新品買った方が安いですか?」と言うので、「そこまではいかない」ということで

契約成立して修理することになった。

CIMG0288.JPG

普通はこのように大破している場合は新品に交換するように勧めます。

それは修理に相当な時間を費やし、製作業務に差し支えるからです。

おそらく、これは、新品交換した上で直したチャンバーはスペアとして取っておこうということだと思います。

そして、直らなければ諦めると思うのですがダメ元で聞いてみるということは、私が直せるかどうか試しているのではないかと、思わせるのです。

これが直ったとしても私の評価が上がるわけでは無いと思いますが、もしかして直せないんじゃないかと思われることが、マイナス要素なので

この挑戦に応えることにしました。

CIMG0290.JPG

ここが荷重の力点だと推測しますが、鉄板が破けています。

圧力をかけて直すために、溶接して穴を塞ぐ必要があります。

 

 

 

 

 

 

CIMG0289.JPG

エキパイにシワがよって蛇腹のように曲がっています。

ここまでいくと、水圧では直りませんので

切断して鉄棒を当てがいながらハンマーで板金修理しなければなりません。

 

 

 

 

 

夜は騒音の出る作業は近所迷惑になりますので、この続きは明日ということにします。

CIMG0291.JPG

パイプを切断し、潰れた部分をハンマーで整形して溶接。

その後、水圧で元の形状まで膨らましました。

しかし、そのままでは歪みが大きく車体に取り付けができないくらいパイプの向きが変わってしまいました。

結局、4箇所の切断面を削ってパイプの向き矯正して取り付くようにしました。

 

 

CIMG0292.JPG

震災の前日から製作に取り掛かっていたタンク作りですが、3日ほど動揺して通常の業務ができませんでした。とりあえず、やりかけた仕事を完了させるべく再開しましたが、計画停電で一日のうち3時間くらいは業務中断になってしまい、非常に効率悪いです。

被災地の電力不足、燃料供給不足を考え、工場の空調や石油ストーブを止めてやっております。幸い寒冷地ではないので、寒いですが我慢しながら仕事しています。これも支援の一つと考えております。

義援金や救援物資だけが災害支援ではありません。最も強力な支援は国の力だと思うのです。自衛隊や消防庁に指令を出したり、車両を動かしたり、職員の人件費を払ったり、全て税金でまかなうのですから被災していない地域の人ができる最も重要なことは、今やっている事業をしっかりと遂行して税金を払うということであると思っています。

CIMG0280.JPG

アルミ板金でこしらえたガソリンタンク。

オーナーさんはジムカーナでNSR250に乗っていますが、ノーマルタンクの張り出しが大きいことと、エアクリーナー吸気口を塞いだデザインを改善するという目的でタンク製作に踏み切りました。

フィラーキャップはノーマルを使用していますので鍵を使って開閉します。

 

 

 

CIMG0282.JPG

タンク底板の形状です。エアクリーナーボックスを逃がすデザインです。

中央付近に二つ穴が設けていますが、フィラーキャップの構造上、エアベントと水抜きのパイプがタンク内部を貫通しています。

 

 

 

 

 

CIMG0283.JPG

車体に装着した様子です。

フューエルコックは左下に設置してあります。

レーサー用の部品で、リザーブ無しです。

タンク容量は13L、大体これでご要望にお答えできると思います。

停電や燃料の調達が悪く通常より効率悪いですが、まだまだバックオーダー抱えておりますので、なるべく早く仕事を進めていくだけです。

生きているうちにいつかは経験するだろうと思っていた、大震災。その時が昨日の午後3時過ぎに突然やってきました。

最初はいつもの地震だと思って、ボール盤に向かって穴あけをやっておりましたが、10秒以上余震が続いて段々揺れが大きくなり事態を理解しました。

工場の柱も屋根も轟音をたてて振動し、治具棚やオートバイが倒れそうな勢いで揺れました。

もうちょっと揺れが激しくなると、建物が倒壊すると直感したので、外へ飛び出すと電柱がしなりながら電線が縄跳びの縄のように回っていて、地面も激しく振動して立っているのがやっとの状況でした。

大きな揺れは3分ほど続いて収まりました。幸い建物のダメージや電気、ガス、水道も無事で、一見生活に支障ないように思えました。

ところがすぐにTVをつけてニュースを見ていると、関東地方は震度5強でしたが東北では最大9.0という観測至上最大の震度ということでしたが、まもなく津波が気仙沼や小名浜の漁港を飲み込み、仙台空港も水没していく災害の状況が報じられ、その中には迫りくる瓦礫の濁流に走行するクルマが巻き込まれていく様子も・・・

首都圏は電車も全線ストップ、高速道路も閉鎖。都内に残されて帰れなくなった友人を向かえに行こうと車を走らせましたが、一般道は高速を下ろされた車で渋滞して全く動きません。諦めて帰りました。

土曜練習に行こうと思っていたMX408は地割れ多数で土日閉鎖。

近くのオフビレは日曜の関東戦が延期になったということで状況を確認しに行きましたが、なにごともないように大勢のライダーが練習走行しておりましたが、被災したことは完全に他人事と思っているのかもしれません。

各地で停電、断水が起こっているらしく、被災して住居を失った方はもちろんですが、最近の住宅は電化が普及しているおかげで、照明、暖房はおろか給湯も不可能だという状況で大変な不自由を強いられていることと思います。

一見被災を免れたような私たちの地域でも銀行ATMは使えず、ガソリンスタンドはタンクローリーの搬送がストップして次々に閉鎖されている状況です。災害は始まったばかりでこの状況です。これからは復興に向かって全ての国民が助け合わなくてはならないでしょう。

そして最悪の事態、福島第1原発の爆発事故が発生しました。原子炉の冷却水ストップが原因で原子炉が溶け出して放射能が漏れ出しています。政府は最悪の事態なのに情報を隠匿しようとしているのでしょうか。原子炉がメルトダウンしてしまえば、これを防ぐ手段が無いといわれています。放射能で汚染された地域は、それが減衰するまで何百年も掛かるでしょう。一刻も早く原発付近の住民は県外へ避難していただくしか被爆を免れる方法はないでしょう。

これで当分の間はオートバイ乗りに出かける気力は失せてしまいました。明日から復興に向かって全力を尽くすしかありません。そして、今回は東日本大地震なのであって、35年以内に発生する確率90%といわれる東海地震ではないことを忘れてはなりません。

MFJ競技規則によりますと、2011年式以降の4ストローク車の音量測定は2mMAX方式とすることに決まりました。

CRF250Rの2011モデルは前年から大きく変更された吸排気系となっており、特にサイレンサーの大型化が著しく感じます。当然、パワーへの影響も考えられますので、モディファイマフラーでチューンアップしたいところです。

先ずは09モデルで実績のあったマフラーで試してみるべく、11モデルに装着して計測することにしました。

CIMG0274.JPG

上がノーマルで重量3kgあります。

下がモディファイマフラーで

サイレンサーは04モデルがベースでパイプエンドを作り変えてあります。重量は2.2kgに仕上がりました。

その下はノーマルのエキパイに力コブを追加したものです。

09のサイレンサーは取り付かないのでジョイントパイプとステーを加工して取り付けました。11モデルは排気管長が非常に長いことが分ります。

CIMG0279.JPGIB島崎選手の車両ですが、来週の関東選手権に向けて製作中です。

09では92dBだったサイレンサーなので

エキパイ長も伸びていて、近接騒音はさらに静かになっているはずですが、2mMAX方式でノーマルと比較してみたいと思います。

 

今日は雨なので測定は明日にします。

 

 

 

CIMG0276.JPG

計測はスタンドに騒音計を固定して行います。

後輪の中心から斜め45°後方2mの位置で高さ1.35mに保持します。

エンジン暖気後、アイドリングからレブリミットまで回転を上げて測ります。

騒音計はMAXモードにしておくと読み取り数値が保存されて表示します。

数値の再現性を確認するため2個の計測器で別々に測定しました。

 

モディファイマフラーの結果は測定器Aが112.4dB/A 測定器Bが112.6dB/Aということで大体同じ数値でした。

ノーマルマフラーも比較のため測定しましたが、測定器Aが110.3dB/A 測定器Bが109.8dB/Aということで測定器は同等と言えるでしょう。

競技規則は115dB/Aなのでモディファイマフラーで余裕の合格ということになります。これでレース使用可能であることが分りました。サイレンサーの仕様がパワー的に有利にしてありますので、これにあわせてFIのセッティングを施せばさらに走るようになるはずです。

もう一つモディファイマフラーの利点があるのですが、それはコスト面です。ノーマルサイレンサーが9万円近くしているので、これが消耗品だとすると非常に高コストといえます。モディファイ品はノーマルの半額くらいで製作可能なので、アクシデントで潰してしまうことを考えると、ノーマルを買い換えるより大幅にコストダウンできるということです。無傷のノーマル品は車両を売却するときに付けて出せば査定額も上がるでしょう。

なにより人のマシンより差をつけて走ることがモータースポーツの面白身と言えるでしょう。

CIMG0271.JPG

この様なイメージで、という依頼ですが

写真だけなので寸法がわかりません。

イギリス在住のコレクターさん所有のRC500M。グラハム・ノイスが世界GP500ccクラスのタイトルを獲得したチャンピオンマシン。世界に1台しかない歴史的価値のあるこの車両を、僅か1000万円で売りに出されているそうです。是非、あなたのモーターサイクルミュージアムに加えてみませんか?

三つ又の詳細はφ39のフロントフォークとノーマルステムシャフトの穴開けだけノーマルに倣い、その他は全部勝手にビンテージ風に加工しました。

 

CIMG0272.JPG

430は77年ー79年CR250ですが、福本敏夫さんの#3車RC250Mを参考にワークス風トップブリッジ、ボトムブリッジのセットを二組加工しました。

フライスでハンドワークなので丸2週間、時間にして140時間。立ちっぱなしで機械のハンドルを回し続けて削りました。

その間、他のバックオーダーの製作は全く進んでいない上に、毎日注文が入り続けます。そろそろ一月のご注文の品物に取り掛かからないと大変なことになります。

そのあと、2月3月分と進めてまいりますので、これから製作依頼されるお客さまは5月以降の着手になりますのでご了承ください。