数年以内に

| コメント(0) | トラックバック(0)

再びガソリンの値段が高騰するだろう。
と経済アナリストは予想しています。
あの、ガソリン満タンにすると一万円札が消えてしまう高値の時代が訪れると
必要もないのにクルマに乗ることを控えるようになるでしょう。
人が移動するのに公共の交通機関や自転車でも用は足りますからね。
ついでにオートバイなどガソリンを燃やして遊ぶことも控えるようになるかもしれません。
レースなどやっていては長距離のドライブでさらにガソリンを消費します。
これはモータースポーツにとっては大きな逆風ですが人類のためにはよいことかもしれません。
しかし、いつまでもガソリンに交通のエネルギーを委ねている時代は終わると予想されます。
経済産業省では2015年から水素燃料の商業化を推進している最中だといいます。
水素ガスはわざわざ精製しなくても、多くの製造現場で大気中に放出しているということで
これを活用しない手はありません。
例えば、化学工場で苛性ソーダの生成時に発生したり
製鉄所でも水素が発生します。
その放出量をエネルギー換算すると自動車が1年間に700万台走るのに相当するといいます。
現在はただ放出しているだけの水素ガスを回収して
ガスボンベに貯蔵するシステムを
LPGの最大手、岩谷産業が稼動させています。
回収した水素をガスステーションで充填する施設も除除に設置されつつあります。
自動車はHVが普及されていますが、ガソリンを節約することはできても消費し続けることに変わりはありません。
ところが代替燃料、水素ガスであれば国内でも生産できて排気は水蒸気という資源と環境の問題が飛躍的に改善されるわけです。
しかし問題も山積です。
水素はガソリンに比べて燃焼速度が速く、従来のエンジンではデトネーション(異常燃焼)が起きるため圧縮比を下げなければなりません。
そのため燃焼効率はガソリンより劣るとされています。
あと気体の水素は大気圧では非常に密度が低く、実用的な航続距離を稼ぐためには350気圧という高圧で充填しなければなりません。
酸素やアセチレンの高圧ボンベが150気圧なので2倍以上の圧力です。
タンクの耐圧強度も2倍以上必要な上
自動車事故に遭った場合の安全性も確保しなければなりません。
爆発したときの危険度はガソリンとは比較にならないでしょう。
そのため水素ガス専用のボンベはアルミ容器で密閉した上に炭素繊維を厳重に巻いた特別製で
ライフル銃でも貫通しない要件を持っています。
そのコストが高額で車両代と同等になってしまうため車両の価格もガソリン車の2倍以上になるかもしれません。
また350気圧を6気圧程度に下げる減圧器の性能が安定していないとエンジンの運転に支障が出るなどまだまだ開発途中の部分もあるようです。
マツダでは水素燃料のロータリーエンジン車を開発し、フィンランド政府に納車しています。
北欧ですから寒冷地での始動性が良好でないと受け入れられないということで、これをクリアできたことは
ほぼ完成の域にありそうです。
ハイブリッドの特許はトヨタとホンダで抑えられていて他メーカーがHV車生産するためには業務提携するしかないことも、水素エンジン開発を後押ししている理由でしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.precious-factory.com/mt4/mt-tb.cgi/44

コメントする